真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

ゴーン氏逮捕と人質司法

2019年01月09日 19時48分27秒 | 政治と世界情勢



昨日前日産自動車会長のゴーンさんが東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きに出廷し、自らの「無罪」を訴えました。
頬がやつれて10キロ近く体重が減ったようです。

日本の警察は優秀という話は昔からよく聞きます。
しかし本当に優秀なんでしょうか?
http://tamojun51.com/archives/199

容疑者を人質として何日も監禁して、平気でいる。
逮捕された容疑者は基本的には「推定無罪」な訳で、罪人と同じように扱うことは許されるべきではないと思います。
仮に拘留する場合でも、冬でも暖かい部屋で食事も美味しいものを提供すべきです。
ヨーロッパなどではこの人質司法がないのは推定無罪と容疑者の人権が確立されているからです。

森友学園でも、籠池夫妻は7月1日に詐欺容疑で逮捕され、その後10か月も勾留と接見禁止が続いていました。
犯人と決まっていないのに「豚箱で臭い飯を食わされた」ということです。
こんなこと絶対に許されませんよ。
保釈を要求しても認められず、延々と4か月拘留されて家族とも接見できない。こんな虐待ありますか。

板垣英憲さんの有料ブログの一部からです(赤字はとびら)。

【「日本国憲法第34条」が形骸化して、「何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない」という規定が、判検事一体化によりほとんど死文化している。はっきり言って、日本の裁判官の基本的人権感覚は、劣化している。「証拠隠滅・逃亡の防止」を理由に、検察官の言いなりになっている。
「人質司法」と批判されるのは、ズバリ言えば、検察の捜査能力の低劣さを証明する言葉だ。「微罪で逮捕・長期拘禁」して、そのなかで、自白を強要し、犯罪事実をデッチ挙げ、起訴に持ち込み、有罪判決を勝ち取る手法だ 】

2013年小沢一郎が起訴された失態。
元厚労事務次官の村木厚子氏も、虚偽有印公文書作成および行使の罪で5カ月も拘留され、結局無罪の失態。

日本の検察・警察のどこが優秀なんでしょうか。
本当に優秀だったらとっくに安倍総理夫妻を逮捕しています。

安倍総理は今までで最悪の総理


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  人気ブログランキング





まだ会員が1000人にも届かず、しかし日々増え続けてています。
つまり、今がチャンスです。
 it works の会社の歴史へリンク


 

 “ 美顔器 ” バイオプトロン 安価でお譲りします。



 ルルドの湶など、奇跡の泉の正体は水素水?? 
1日あたり124円 で家族そろって毎日温泉以上の体感!(大げさではない)!




放射能を強く吸着することが判明した黒雲母花崗岩から36種のミネラルを抽出


 

  水道水は飲んではいけない?



ムコ多糖の働きを観る

加齢で老化するのではなく、ムコ多糖不足が老化を作っている。



量子波動測定・調整器オールワン275
税込み691,200円
詳しい記事 説明の日程


 初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りください。


幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトは霊界の記憶を含めたたぐいまれなものです。


無店舗になりましたが、「トゥルーゲイト」を運営しています。
レンタルスペースでの施術です。
また健康食品なども取り扱っています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください

脳幹療法(BSセラピー)、
三井温熱療法(自律神経のアッチッチ療法)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 消費増税はやはりない模様 | トップ | 9.11の自作自演はトランプに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治と世界情勢」カテゴリの最新記事