真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

ニューアースのご報告(猫からのメッセージ)

2015年08月20日 21時34分44秒 | ニューアース

 



6月に遠隔アニカを受けて、先日もニューアース・タッチを施させていただいた I さんから素晴らしいお話しのメールをいただきました。

 


小金井先生こんにちは。

先日は対面のニューアース・タッチの施術をしていただきありがとうございました。
その後の私の変化を報告させていただきますね。

その①…仕事のミスが減る。
私は大変な慌て者でして(;゜∀゜)
バタバタと気忙しく行動してしまうところがあるのですが、施術後ゆったりと集中できるようになった気がします。

その②…思い込みに気付く。
「…でなければならない」という考え方に縛られ行動するところがありましたが、それはただの「思い込み」であることに気付くことができました。
それにより楽になれた気がします。

前回の施術後(8/12)から自分の意識が変化しているのが感じられ、これからもどんな変化があるだろう?!と楽しみです。
また変化があったら報告させていただきますね。



というご報告だったのですが、私がブログで紹介させてほしいとメールしましたら、了解のご返事と共にとてもいい経験の話を送ってくれました。

上記はニューアース・タッチのモニターということで、下記は私が I さんにアニカを施した後の経験だったのでモニター報告に当たらず、遠慮して書いていただけなかったのかも知れませんが、正に神様が与えてくれた氣づきの現象です。

 



返信ありがとうございます


私の拙い報告で良ければどうぞblogに乗せてください。

気付き!と言えば、
私は…職場の対人関係に悩み、退職したいっ!と思っていました。
いえ…思っていただけでなく、「決意」していたのですね。

明日にでも退職願いを出そうと考えていた朝の出勤途中で、不思議な「気付き」がありました。

出勤途中の乗り継ぎのバス停で、
ボーッと目の前の国道を通りすがる切れ間のない車を眺めていると一匹の子猫が歩道から国道を渡ろうとする姿を見たのです!

びっくりして鼓動が速まるのを感じながら、「どうしたら無事故であの子猫を助けられるだろう」と、必死で見守りました。
…車のスピードは速く、私は「見守る」のが精一杯です。

子猫は途中まで国道に歩を進めましたが、クルリと向きを変え無事に歩道まで戻ってきました。

その時です。

私は私を見守る存在に気付くことができました…

朝から涙が出そうになるほど、そのハラハラしながらも私を見守る存在に気付いたのです。

何故か感謝の気持ちで胸がいっぱいになったのです。

今の職場を退職することを踏みとどまりました。

今、退職しても何度でも同じような人たちに出会うこと、今私が乗り越えなければならないことが理解できたのです。

不思議と…合わない人が異動になりました。

そんな経緯があり
対面のニューアース・タッチ〓を受けてみたい〓と、思った次第です〓

子猫をみてドキドキ〓した私の意識が、瞬時に「見守る存在」へと結ばれたことが、施術の結果だとおもわれましたので〓
見守る存在が何かは解りません。

もう一人の私とも言えますでしょうが、明らかに「退職したいと思う私」とは別の存在ですね。

気付く〓ことが楽しく、「行動」するために必要な施術と思っています。

また宜しくお願い致します〓



猫などの動物は本能で動くので神との繋がりは強いのです。
というか神の制御が強く及びます。本能は神の意思の代替品。

神が猫を通して I さんに真理を教えてくれました。
これが氣づきです。

よくスピリチャルであれ何であれたくさんの本を読んで知識を蓄えて分かったようなことを言う人がいます。
が、ここで何度か書きましたが、ショーペンハウエルが言ったように「本を読むということは人の頭で物事を考えること」なのです。
真理は本には書いてないのです。

これも何度か書いていますが、イエスは人から質問されても直接的に解答をだしませんでした。
全部、たとえ話で回答しました。
この猫を行動させて I さんの目に留めさせた神のヒントは、正にイエスのたとえ話と同じなのです。

神と猫と I さんが一体となりました。全体の意図が確りと繋がって I さんに伝わりました。
だから真理が降りてきたのです。人は「これが真理だ」と思ったときには必ず深遠で神を感じているのです。
I さんが成長してその意味が分かるようになったから、そういう現象を起こしてくれたのです。

もう一つ面白いことがあります。
本日、20時から ニューアース・リモ でMさんというクライアントさんのお母さんの4匹の猫の供養をしました。
4匹ともかつてMさんのお母さんと悲しい別れをしたので、今生でまた暮らしたいと生まれてきました。
(この話はもうちょっとしたらブログに書きます)

今日は猫三昧。しかし私は「猫」という文字を今年一度もブログに書いていないと思います。

神さまは中々粋なことをしてくれます。



これを読んで私は自分の経験で二つのことを思い出しました。

それはまた明日書きます。



初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ。
 
幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトを新設しました。

 
痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください。


「希望の命水」お得な入会キャンペーンしています

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 内海聡/高橋呑舟ジョイント... | トップ | 動物たちからのメッセージ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つねちゃん)
2015-08-21 00:23:06
たびたびで、誠に失礼致します。

猫さんのお話で思います事は、
私の家の近くにも最近子供猫、あと正に子猫ちゃんが「ミャ-ミャ-!」と鳴いて近づいてきましてご飯を求めるものの、実際にあげようと差し出しますと、ぱぱっと逃げてしまいます子達に「そんな警戒心なんていらないのに・・・!」と歯がゆい感じ-、だったのですが自分の姿の写しだったのかも知れませんね。

心暖まるお話を、誠に有難うご゛いました。

合掌
写し鏡 (とびら)
2015-08-21 15:24:18
つねちゃん

自分の負のエネルギーを写し鏡だと感じることは謙虚なことですね。
謙虚だからこそ氣づくのですか。

いつもありがとうございます。

コメントを投稿

ニューアース」カテゴリの最新記事