ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

酒呑み

2020年07月06日 | 文学

  また一週間が始まりました。
 嘆きの週頭なんていう言葉もありますが、今日はわりと調子が良かったと感じます。

 昨晩の晩酌を、いつもより一杯少なくしたのが良かったようです。
 酒飲みとは、お祝いだと言っては酒を飲み、不幸があったと言っては酒を飲み、嬉しいから酒を飲み、悲しいから酒を飲み、何事もなくても酒を飲むものです。

 酒を呑むのに理由は要らぬ。
 呑みたいだけ呑めばよい。

 世に酒飲みはあまたあれど、私は若山牧水ほどの酒飲みをほかに知りません。
 
 朝酒ややめむ 昼酒せんもなし 夕方ばかり 少し飲ましめ

 朝二合・昼二合・夜6合の酒を欠かさなかったと聞き及びます。
 それが節酒をおもいたったのですね。

 一方で、こういうのもあります。

 飲むな飲むなと 叱り叱りながら 母がつぐうす暗き 部屋の 夜の酒のいろ

 相当の酒飲みです。

 多くの名歌を残した歌人、酒はやめられなかったやあめられなかったらしく、42歳で早死にしています。

 

 

 私は父が亡くなってから、酒ばかり飲んで食わずにいたら、24キロも体重がお
ちてしまいました。
 その後5キロくらい増えて、ベスト体重になりました。
 このままではまずい、と思い立ち、酒を減らして飯を食うようにしたら、増えたのです。

 今の体重を維持しつつ、適量のお酒を楽しみたいと思っています。

ちてしてててしてむなと叱り叱りながら母がつぐ うす暗き部屋の夜の酒のいろ

 



  朝朝酒ややめむ晝酒せんもなし ゆうがたばかり少し飲ましめ酒ややめむ晝酒せんもなし ゆうがたばかり少し飲ましめ

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 逃げ恥 | トップ | ぽか休 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事