ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

亜人

2018年06月04日 | ホラー・サスペンス・SF等の映画

 昨日はSFアクション映画をDVDで鑑賞しました。

 「亜人」です。

亜人 DVD通常版
佐藤 健,綾野 剛
東宝

 

 死んでも数秒後に生き返ってしまう、という人類の進化系、亜人。

 しかも手足をちょん切って殺しても、生き返る時には五体満足に戻っているという便利さ。

 政府は亜人を保護すると称して、じつはモルモットにして、様々な方法で殺してはどういう風に生き返るか実験を繰り返しています。

 モルモットとして20年も毎日殺されては生き返り、を繰り返してきた亜人が、収容施設を脱出し、亜人の自治区を設置するよう政府に要求を突きつけます。
 しかも、東京全部を。

 政府は九州の離島などを提案しますが、亜人のリーダーはこれを拒否。
 亜人たちは政府相手に戦闘を開始します。

 何しろ殺してもすぐ生き返ってしまうので、有効な手段は睡眠剤が入った銃を打ち続けること。
 
 しかし睡眠剤も一瞬で眠るわけではないので、亜人は睡眠剤を打たれたと気付くや、自殺します。
 数秒後には、睡眠剤が効いていない状態で生き返るというわけ。

 亜人のリーダーは20年の監禁生活の怨みを晴らすかのように、盛大に破壊、殺戮を繰り返します。

 一方、そのやり方に疑問を持った別の亜人は、政府の味方となって、亜人たちと戦うのです。

 ハチャメチャなストーリーと、爽快感さえ感じさせる破壊、殺戮が、激しいアクションで描かれ、圧巻です。

 気楽に楽しめる娯楽作でした。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本橋周辺 | トップ | メルキオールの惨劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ホラー・サスペンス・SF等の映画」カテゴリの最新記事