山陰の里山暮し

西中国山地の西の端、柿木村からつぶやきを・・・

玉葱の収穫

2018-06-23 16:43:55 | 野菜

昨日、一昨日と良く晴れていたので、玉葱を掘りあげることが出きました。

昨秋10月5日に直播していました、種蒔きが遅すぎたようですべてが遅れ気味。

収穫できるのか心配でしたが最後には何とか収穫サイズまで育ちました。

元肥、追肥とも控えめなので小さな玉ねぎも多いです、成長が遅れ気味だったからでしょうか今年は

とう立ちが1本も出なかった、小さな玉ねぎも使い道はあるので結果オーライの出来でしょう。

 

今日は雨の予報で朝の内時々小雨も降っていたので休養日にしました、昼間はカープの応援、夜はサッカーの

応援です、合間は焼酎を飲みながら撮りためた映画を観ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナスに支柱

2018-06-21 14:49:27 | 野菜

イタリアンナス フィレンツェもすべての株に花が咲くほど大きくなってきた。

支柱を建てました、2本仕立てです、上手に育てると秋まで収穫できるでしょう。

 

 

2/25同じ日に種蒔きしたイタリアンナスで同じ名前のフィレンツェはなぜか発芽率0%

だったので1ヶ月後に再度種蒔きすると2度目はOK、ここまで大きくなりました。

 

真黒ナスもそろそろ支柱を建てようかな、大きくなってきました。

 

食用ホオズキも実が付いていました、支柱を立てての栽培が多いようですがこの背丈なら

不要だと思う、横に広がって株間の隙間が無くなると徒長を始めるのだろうか。

説明には秋まで続けて収穫できるとありました、初めての栽培なので収穫が楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨ですね

2018-06-19 20:39:20 | 里山の歳時記

ワールドカップが始まって夜は忙しい、あと20分で始まるのか。

チャチャッと写真をアップして応援に集中します。

ハンデ2点は欲しい相手なので勝つのは無理との素人予想です。

戦う以前のごたごたで一気に期待は半減したが少しはいいとこも見せてくれ。

卒業旅行気分の二人もいるとか揶揄されているそうで大丈夫かいな?

とにかく写真をアップして今日はお終いです。

 

アジサイが綺麗だ。

 

我家のアジサイロードはこちらです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑かったので

2018-06-17 21:21:29 | 趣味悠々・DIY

朝の涼しいうちにブルーベリーとスナップエンドウを収穫してエポックかきのき村に出荷した。

スナップエンドウは減ってブルーベリーは増え始めている、ブルーベリーもラビットアイ種が熟してくると

朝の涼しい時にだけでは無理で暑さと戦いながらのビールの美味しさをだけ考えて作業するだけとなる。

 

今日もお日様が高く上ると暑くて影に避難する、風があるので影に入ると涼しくて心地よい。

 

『そうだ、小屋の中に避難しで戸を付け替えよう』何時ものように無計画からの思い付きです。

 

作業小屋の戸が風雨で下側が傷んで壊れそうになっている、一年前に自宅をリフォームした時に

外したアルミサッシの戸があるので取り付けました。

小屋の雰囲気にはそぐわないサッシの戸だが戸を一から作る気力は出そうにないのでこれでもヨシ!!

 

この小屋は掘っ立て小屋です柱は踏ん張る方向に倒して建てたので戸を取り付けるには細工が必要で

手間がかかったけど結果オーライの出来でした。

 

外から見るとこんな感じ結構いい感じのバラック風です、左の戸が取り外した物だが

した側が腐っている。

 

 

おまけの画像です

支柱が届きました、【ハレホレ農学】の連中と情報交換しながら最安値をゲットです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こつぶこ抑草その後

2018-06-14 21:44:59 | 田んぼ

早朝合鴨を田んぼに放しに行くと向かいのヤマから「キロロロロ・・・・」と鳴き声が聞こえた。

今年もアカショウビンがやって来ました。

カッコウ―と共に鳴き声が好きな鳥です、鳴き声を聞くとさわやかな初夏を感じます。

夕方に合鴨を小屋に入れるため田んぼに行くと13羽ほど脱走していたのがいた。

隣りの田んぼを見ると稲が倒れ、水が濁っている、どうやら合鴨が気を利かしたようだ。

しかしこの田んぼは田植え直後に「こつぶっこ」を撒いて抑草実験中いま合鴨が泳ぎ回ると

トロトロ層が壊れて抑草効果が検証できない。

田植え後1週間以上たっても水田雑草の発芽が抑えられているので効果がありそうだと

思っていたところだったのに。

 

翌日も13羽が脱走して自主的に草取りしていた、もうこつぶっこ抑草は諦めて合鴨に

任すことにして囲い込みのネットを追加設置した。

2反に23羽だった合鴨が4反の受け持ちですが暫らくはこれで様子見です。

今現在2枚の田んぼ共に草が見えないので大丈夫だと思います。

 

合鴨を入れている田んぼには田植え後10日経っても草は全くありません。

 

囲い込みしていない隣の田んぼで自主的に草取りする合鴨たち、やる気満々です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナスとホオズキに花

2018-06-13 21:38:32 | 野菜

 

野菜の種や苗を選ぶときに美味しい品種ですと書いてあると手が伸びるが

種屋さんが言っているだけで消費者も生産者も宣伝に踊らされている気がする。

料理番組などでもみんなが美味しいと持ち上げるがそんな訳ないだろ。

『甘すぎ!』だとか『私好みの辛みが欲しい』、『離乳食じゃないのだから

こんな柔らかさは不要だ』などきっと思うことはあるだろう。

でも言ってしまうと2度と出演させてもらえないから言えないんだろうな。

種屋さんだって売りたいからには『美味しい品種です』と書くしかない、

よく解ります。

種屋さんが『世界で一番おいしいナス』と宣伝する

イタリアナス【ヴィオレッタ・ディ・フィレンツェ(Violetta di Firenze)】〔固定種〕

昨年は2番目に美味しいのかもしれない「フィレンツェ」を栽培してピザ会の時に食べたが

ナスのステーキに皆さん絶賛の美味しさでした。

調理法により向き不向きはあるだろうけど2番目?でもローストした美味しさはこれまで

味わったことの無い新鮮な味と食感でした。

野菜を作っている皆さんイタリアンナスに一度トライする価値はあると思いますリンク先の

種屋さんには今日現在25袋の在庫があるようです。

でも

2品種とも間違いのない美味しさです。(タブン元は同じ品種でトスカーナとフィレンツェの

地方野菜の違いっぽい)

 

今日はナスを手入れしていると花を発見!!約20株植えた自称世界で一番の品種です。

ステーキの美味しさは確認できたので煮しめ、煮びたし、ぬか漬けなどで食ってみたい。

日本代表の「真黒ナス」も花芽が着いていたのでイタリア代表と食べ比べてみたい。

イタリアンナスの「ヴィオレッタ・ディ・フィレンツェ」は産直に出すつもりなので

見かけたら買ってみてください。

【ハレホレ農学】の仲間にも栽培してもらいたい、沖の原農園(自然の恵み商店)が

当地独占販売では均等割り納税が危うくなるかも。


イタリア代表「ヴィオレッタ・ディ・フィレンツェ」の畝と花の様子です。

脇芽を取った後に花芽に気付いた((+_+)) 2本仕立ての予定なのに第1花房の下に脇芽が無い。




日本代表の「新黒ナス」は種蒔き、定植の遅れを挽回して先行していたイタリアンナスと同日の着花でした。



おまけの画像は同じように本日着花確認の「食用ホオズキ」です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショウガの発芽

2018-06-12 21:26:58 | 野菜

5月4日に植えた里芋とショウガ、里芋は5月20日に発芽していましたがショウガは

きょう発芽確認です。

破れ黒マルチに植えていたのでマルチの下に芽が出ると焼けてしまうので発芽即マルチ剝ぎ

と気にかけていた。

雨降りの日が続いた中での発芽だったので焼けてはいませんでしたがマルチで押さえられ

お辞儀している芽もあります。

マルチは即撤収です。

 

里芋もマルチを剝ぎましたこれで追肥や土寄せが出来ます、羽の色は薄いようです葉の縁も波打っては

いないので近いうちに追肥と土寄せを行うつもりです。

 

 

栗園を不耕起、無施肥で自然栽培畑として勉強中です、カボチャの種日向14号を栗園に直播していたのですが

8か所蒔いて発芽0%です(涙)。

今年は発芽率0%の種が多い今年種を買った新しい種を蒔いているので何故発芽しないのか理由が

解かりません、保管が悪かったとしか思えないが保管の何が悪かったのだろう。

カボチャは自家用にもぜひ欲しい野菜なので苗を買って植えました。

(株)エポックかきのき村が出荷者向けにカボチャ苗を作っていました、品種は『かちわりかぼちゃ』です、

初めて作る品種ですが食味も貯蔵性も優れた品種のようです、固定種なので種取りも出来ます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭先果樹

2018-06-11 21:00:43 | 果樹

 

田植えも終わり合鴨がも無事田んぼに入れることが出来て一安心です。

午後からは雨も上がったので堤防と栗園の草刈りをした、自走機器の草刈り機なので

後ろをついて歩くだけなのだが膝・腰痛もちには結構な負担になる。

この草刈機なら人は犬の散歩程度の速度で歩くだけだが90㏄のエンジンはフル回転で動いているので燃料が

すぐになくなる、今日は一タンク半で草刈作業は止めて沖の原を歩いてみた。

苗を植えた年に花が咲いて実をつけたので驚いたアーモンドだが梅雨の今でも実は健在だ、実はわずか2個

付いただけ、貴重な沖の原産のアーモンド是非味わってみたい、落果するのかなー・・・

柿8年というけれどいつ植えたのか忘れてしまったほど昔に植えた柿の木2本がある、禅師丸は植えてから

8年基近く経っているだろう、太秋も5年以上だと思う。

格言とうりだ、8年近くたって初めての実が付いていた。

 

成長の遅い柿の木です無花果を見習ってほしい。

太秋の実

禅師丸の実。

2品種ともに5個程度の実だ。

 

今年植えた柑橘類の苗木、レモンとスイートスプリング(「はっさく」と「上田温州」の交雑品種)に花が咲いている。


レモン(品種不明)


スイートスプリング


おまけに合鴨と梅の写真も


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニクの収穫

2018-06-10 22:29:38 | 果樹

 

梅雨に入り雨の日が多くてニンニクを収穫できなかったけど

今日は掘ることが出来ました。

つるつる植えの効果はあったようで大玉は多いしかし大小の

ばらつきもあり改善の余地ありです。

根は切り落としましたが夕方から雨が降り出したので畑では干せなかった、

明日は小屋の中に吊るして干します。

 

 

ブルーベリーも初収穫できました今年もヒヨドリ食べにはやって来ない、色付き始めた時に

やって来て熟れた実をつつき落としていたが食べていないようだったので好みではないのかな。

ブルーベリーの傍にユスラウメの実がたわわに実っているがこちらも無事です。

ブルーベリーは200gのパック11個でした、これから徐々に多くなってゆきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新天地

2018-06-09 20:41:06 | 田んぼ

6月3日に田植えした田んぼ2か所に合鴨を放した。

田植えが終わって9日目になると少し田んぼの雑草も芽が出始めているので

放すには遅れ気味です。

これまで63羽いた田圃には18羽残して今日の2か所の田んぼには23羽と22羽

が入りました。

こちらの田んぼには23羽を籠に入れて運び小屋の中に放すとすぐに田んぼに入っていきます。

田の中にはオタマジャクシやミジンコが沢山いますがオタマジャクシなどは1週間もすると合鴨に食べられて

見えなくなります、早速田んぼでオタマジャクシを追いかけて走り回っていました。

 

こちらは22羽の田んぼです、沖の原の対岸にあり目が届きにくいので監視カメラを設置しておきました。

監視カメラは合鴨が届いた5月31日にもセットしています、当日夜には早速動物がやってきたようですが

セットしたカメラの反対側に現れたのでキラキラ光っている目の玉が動いて見えるだけで動物の正体は

不明です電気柵に触れて電撃を受けたのでしょう翌日からは現れていません。

きょうセットした箇所には妨獣フェンスが張り巡らされているが完全に囲いきっていないので侵入の

可能性はあります、やってくるとカメラに写ると思う。

 

温暖化、猛暑はこの夏もあるでしょうが中山間地での用水は水温が低くて取水口付近では稲の育ちが

悪くなります。

対策として田んぼの中にビニールホースを引き回し少しでも水が温まるようにしています。

 

ビニールホースを設置しているとネットに穴あき箇所を見つけました、昨年更新したネットは糸が

弱くて合鴨がつつくと破れてしまう、小さな穴でも無理やり通るので徐々に穴が大きくなり集団脱走に

繋がります、穴を見つけたらその場で補修しないとね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加