未来へ/梅ヶ渕不動堂保存会 公式ブログ

梅ヶ渕不動堂の歴史や解説、ボランティア活動やイベント情報を、ゆる〜く書いていきます。ご気軽に、お立ち寄りください。

薩摩藩士 有川矢九郎

2017-02-20 16:05:41 | 梅ヶ渕不動堂の歴史



先日より仕事で鹿児島に来ておりました。

何となく梅ヶ渕不動堂に足が向いて、お堂まで登ると、ご婦人と息子さんが、お参りをしておられました。

ご挨拶をしましたところ、何と!

有川矢九郎さまの末裔の方で、梅ヶ渕不動堂に有川矢九郎の別邸があったことを知り訪ねて来られた とのことでした。

何という、ご縁でしょうか、嬉しいやら感激やらで有川矢九郎の話で、しばらく話込んでしまいました。

梅ヶ渕不動堂が今年、七百年を迎えられたのも江戸時代末期から明治初期にかけて徹底して行われた廃仏棄釈の後に有川矢九郎が、この地を購入し遺していただいたおかげである。

梅ヶ渕不動堂にとって有川矢九郎は救世主と言っても過言ではありません。

残念ながら有川矢九郎の別邸は平成5年、八月豪雨水害(8.6水害)の土石流の被害に遭い無くなってしまいました。現在では僅かに庭園が残るのみです

せっかくですから「有川矢九郎が遺した石碑がありますので」と石碑が建つ山中へと ご案内しました。



明治二四年 八月
【有川矢九郎誌 】(有川矢九郎が書き記す)



【上伊敷宮之前所有地 明治六年購入ス 同八年二月ヨリ同十七年一月迄杉苗木乃差穂】



文字が所々、読み取れません。

おそらくですが要約すると、この地に植林した杉の木は八十年育てた後に伐採するように。と書かれているようです。

薩摩藩士は実に働き者で、藩の勤めを終えて家に戻ると畑仕事などをして過ごしていました。

西郷隆盛も例外では無く江戸や京都から戻り藩へ報告などを済ますと、我が家の畑仕事に励んでいるようすが語り継がれています。

有川矢九郎も同様に藩の勤めを終えると畑や山林の手入れに励んだのでしょう。薩摩藩士の暮らしぶりが伺える石碑だと思います。

現在、梅ヶ渕不動堂には有川矢九郎に関する遺物は、この石碑しか残っていません。

石碑といえば西郷隆盛から有川矢九郎に贈られた石碑が、この別邸にありました。しかし、現在は移動された後、その後の行方がわかりません。

有川矢九郎は、この地を購入できた感謝の気持ちを恩返ししたいと伊敷を流れる甲突川から田畑へと流すための農業用水路の工事費用を村に寄付し村民を集め施工しました。

村民たちは、とても喜び、お礼にと当時の村長が有川矢九郎の功績を残したいと原文を西郷隆盛に依頼し、その文字を石碑に刻んだ「有川矢九郎頌徳碑」を贈ったのである。

私も随分と探し回ったが見つからないままであることを、有川矢九郎さまの末裔の方に、お話しましたところ、何と!この方が鹿児島県に寄贈されたとのことでした。現在 南洲公園の西郷南洲顕彰館の敷地内にあります。ということでした。

その後も、また話が弾みましたが、是非また お越しください!と、お見送りしました。

お忙しい中、長々と引き止めてしまい恐縮でした。本当に素晴らしい ご縁でした。感謝!です
ありがとうございました!


さっそく、南洲公園へ行ってみました。西郷南洲顕彰館の建物の裏側に、ひっそりと安置されていました。




文献などを調べていて石碑があることは知っていましたが、実際に目の当たりにするのは初めてのことです。感激です。

碑文の詳しい内容は改めて、また別の機会に。

今回は、みなさま方に有川 矢九郎について、ご紹介したいと思います。

有川矢九郎は幕末の薩摩藩士で後、実業家としても成功しています。

西郷隆盛が誕生してから3年後の天保2年9月14日に有川矢九郎は誕生しました。

薩摩藩海軍として活躍します。薩英戦争では談合役(参謀)として指揮を執りました。

元治元年(1864)に「胡蝶丸」の艦長、のち薩摩藩海軍軍艦「三邦丸」艦長を務めています。

「胡蝶丸」や蒸気船「三邦丸」は幕末の歴史に度々、登場します。
藩の命を受け幕末の大阪や江戸を何度も航海していたことは無論のこと、西郷隆盛が遠島先から帰る、迎えの船が「胡蝶丸」であり、坂本龍馬の妻おりょうと新婚旅行で薩摩に向かって乗った船が「三邦丸」です。

戊辰戦争では軍艦掛(船奉行)として輸送を担当。

明治五年「三邦丸」の払い下げを受け、海運業を設立。明治六年には大蔵省から「鹿児島丸」の貸与を受ける。

この年に梅ヶ渕不動堂の地を所有しています。

明治七年の台湾出兵では兵員の輸送にもあたりました。

海運業は主に台湾やフィリピンなどで交易し、実業家としても成功しています。

勝海舟やシーボルトなどと交流があり、アーネスト・サトウの手記にも有川矢九郎が登場しています。

有川矢九郎は西郷隆盛の妻(糸子)を紹介したことでも知られています。

明治四十一年十月三日死去。享年78歳。名は貞実。

有川矢九郎さまの末裔の方から、お聴きした話では、西南戦争の時、有川矢九郎は大蔵省から借りていた「鹿児島丸」を政府に戻したことで有川矢九郎は政府と通じていると薩摩藩士達から噂され命を狙われることとなりました。これを知った西郷隆盛は有川矢九郎を謹慎処分とし、有川矢九郎の命を救った。という歴史秘話があるとのことでした。

ここ梅ヶ渕不動堂にあった有川矢九郎の別邸に度々、西郷隆盛が訪ねています。

薩摩藩 陸軍隊長 西郷隆盛と薩摩藩 海軍艦長 有川矢九郎が藩の勤めを終え平穏無事なひと時、ここ梅ヶ渕不動堂で、どんな会話をしたのでしょうか?(^ ^)




















ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 梅ヶ渕不動堂保存会の励み | トップ | 春の休日 梅ヶ渕不動堂 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼 (有川周治)
2017-02-21 21:53:16
先日お会いしました矢九郎玄孫の周治です。
私どもこそ不思議な御縁を感じています。
また矢九郎を紹介いただき有難うございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
取り急ぎ御礼まで。
周治さまコメントありがとうございました! (ウメちゃん)
2017-02-23 12:56:16
こちらこそ有川矢九郎さまの末裔の方に、お会いできましたことは、とても嬉しい出来事でした。
また有川矢九郎さまの貴重なお話を聞かせていただき、その上に、有川矢九郎頌徳碑の存在を知り目の当たりに見れたことは感激と感謝と喜びで、いっぱいです。
それに梅ヶ渕不動堂が700年を迎えましたことを有川矢九郎さまの末裔の方に、ご報告できましたことを、とても嬉しく思います。
有川矢九郎さまが繋いでいただいたご縁でしょうか?感謝!感謝!の出会いでした。
近くまで来られる時がありましたら、是非お立ち寄りください。
毎月第2日曜日には作業などをして梅ヶ渕不動堂にいます。
本当に、ありがとうございました。
ご家族の方々にも、よろしくお伝えください。
お礼のご挨拶 (有川 辰美)
2017-02-27 21:59:24
遠く故郷を離れ、北国で生活をしている、有川矢九郎の縁者です。
小生の高祖父(十右衛門)の弟が矢九郎です。
先ほど、曾孫の周治さんに保存会のことを聞いて、コメントを書かせて戴いております。
皆様が綺麗に奉仕活動をされていることに感謝をいたしております。
十右衛門と矢九郎は、南洲翁とも深い繋がりがありますので、冷水町の興国寺墓地のことも大切にしています。
これからよろしくお願いいたします。
有川辰美さまコメントありがとうございます! (ウメちゃん)
2017-02-28 00:02:02
はじめまして!有川矢九郎さまの縁者の方からコメントをいただきまして感激です。
ありがとうございます!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

人間、有川矢九郎は、とても興味深い方です。

有川矢九郎の功績を発信できればと思っていましたが、未だ勉強不足でブログでも紹介出来ずにいましたところ、先日、周治さまと、お母さまと、ご縁をいただきまして、初めて有川矢九郎を皆さまに、ご紹介出来ましたことを私も嬉しく思っています。

これからの梅ヶ渕不動堂保存会の活動の励みとなりました。重ねて、ありがとうございました!

鹿児島に来られ、有川矢九郎さまの、お墓参りのさいに、お時間がございましたら梅ヶ渕不動堂へも是非お立ち寄りください。

北国は、まだ寒い日があるかと思いますが、お身体ご自愛くださいませ。有川辰美さまの御健勝と ご活躍を、ご祈念申し上げます。
ありがとうございました。

コメントを投稿

梅ヶ渕不動堂の歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事