佐倉 鳥羽ミート お肉のブログ

千葉県佐倉市臼井駅前レイクピアウスイ内精肉専門店公式ブログ。松阪牛、宮崎牛・佐賀牛等銘柄牛を笑顔で販売しています。

常温でご自宅の冷蔵庫に入れるまでの時間はどのくらいでしょうか?

2018年09月10日 | お肉日記

こんにちは千葉県佐倉市のお肉の鳥羽ミートです。

最近はスーパーなどでショッピングバッグの無償提供をやめ、有料化にしている店舗も増えてきました。エコロジー&温暖化防止の一環と思いますが、消費者の皆様もマイバッグ持参での買い物に慣れたような感じです。

スターバックスがプラスチック製のストローを廃止にするなどの(海洋汚染と魚への影響)ニュースも最近話題になりました。買い物をされて、常温でご自宅の冷蔵庫に入れるまでの時間はどのくらいでしょうか?

お店側から見ると常温での持ち帰りは、夏場は特におすすめ出来ません。理由は肉中の温度が10℃以上になると雑菌が繁殖しやすくなる温度になるからです。ご自宅までのお帰りの時間はそれぞれ違うと思いますが、要は10℃以上にさせないことが重要です。

購入した時のお肉の鮮度やその日の気温、自転車で?車で?徒歩で?条件によって変わりますが、買った時と家に帰って開けてみたとき全然違うという経験あると思います。

肉に限りませんが、生ものは傷みやすいので買い物から時間が経ってしまうとすぐに傷んでしまいます。夏場肉に限りませんが、気温の高い日などは保冷機能の付いたマイバッグを持参でのお買い物がおすすめです。

100均ショップでも置いてあり、お肉や生ものを安心して買えるのがいいですね!

▲千葉県 佐倉市 臼井 肉の鳥羽ミート

【関連記事】うすい肉ブログの中の「保存方法」に関連する記事一覧

鳥羽ミート直営オンラインショップはこちら

千葉県佐倉市の精肉専門店 鳥羽ミート
〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ内 >>グーグルマップで見る


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つまみはウィンナーソーセージでしょう

2018年07月13日 | お肉日記
こんにちは千葉県佐倉市のお肉の鳥羽ミートです。
連日厳しい暑さが続いております。暑中お見舞い申し上げます。

こう暑くなるとビアガーデンでビールを飲みたくなります。つまみはやはりウィンナーソーセージでしょうか。
ウィンナーって語源はオーストリアのウィーンに由来しているのだそうです。
ウィンナーは豚肉や鶏肉などをひき肉にして香辛料で味を調えてケーシング(現在は人工腸が主流です)に詰めたものを言います。
中に詰める肉の粗さ、肉と脂肪との比率、血液、シーズニングなど地域によって様々な種類が存在し、さらに保存方法も空気乾燥、燻製、発酵など多岐に分かれる。、製造後数日で調理して食べることを想定したものを生ソーセージといい、製造過程で加熱しそのまま食べられるものを調理済みソーセージと呼ぶそうです。

日本のJASによる一般的な分類として
ウインナーソーセージ - 太さ20mm未満で羊腸を使用したもの(オーストリア・ウイーンに由来)
フランクフルトソーセージ - 太さ20mm以上36mm未満で豚腸を使用したもの(ドイツ・フランクフルトに由来)
ボロニアソーセージ - 太さ36mm以上で牛腸を使用したもの(イタリア・ボローニャに由来)

ドライソーセージの種類
サラミ - 牛肉、豚肉を使用したイタリア由来のドライソーセージ
ソフトサラミ - 牛肉、豚肉を使用したイタリア由来のセミドライソーセージ
カルパス - 牛肉、豚肉、鶏肉を使用したロシア由来のセミドライソーセージ

まだまだ続く今年の夏!お肉を食べてスタミナアップ!

▲千葉県 佐倉市 鳥羽ミート



鳥羽ミート直営オンラインショップはこちら

千葉県佐倉市の精肉専門店 鳥羽ミート
〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ内 >>グーグルマップで見る
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

肉は空気に触れて酸化され肉の色素が変化していきます

2018年06月01日 | お肉日記
こんにちは千葉県佐倉市のお肉の鳥羽ミートです。
よくお肉を買って家ですぐ調理しようとしたら買ったときと色が違ってるとか、冷蔵庫に保存して次の日食べようとしたら色が黒ずんでたという経験をされたことはあると思います。
肉は空気に触れて酸化され肉の色素が変化していきます。最終的には腐るということです。

昨日触れましたが、お肉はカットされた時点でその断面が空気に触れ、約10分後くらいには発色し素晴らしい鮮紅色になります。
そして、この鮮紅色の期間は保存方法にもよりますが、おおむね2日間くらいは保たれます。そこから少しずつ変色が始っていきます。
前述の買ってからすぐ家で開けた時の色の変化は(買ったときの色が鮮紅色の時)常温時間が問題かと思います。特に夏場の気温で買い物され冷蔵庫に入れる時間までが長い場合は肉がだれてしまいます。この場合は冷蔵庫に保存することで元に戻ります。

一方、一晩おいて次の日に明らかに買った時より変色がある場合は一概には言えませんが、腐りかけの時もあります。
つまり、発色期間が過ぎ、変色が進んでいく過程(紅色→薄茶色→茶色→こげ茶色→緑色)で劣化が進み腐るわけです。

では、食べられるか、食べられないかが問題でしょう。一概には言えませんが、茶色の状態の時はよく加熱すれば問題ないと思います。
緑色は腐った状態と思って避けたほうがいいです。またヌメリ・ベトベトしている場合は程度にもよりますが避けたほうがよいです。

また、鮮紅色なのに黒いところがある。この場合は充分酸化されず発色できない状態で品質には問題ないと思います。
当店ではなるべくお肉同士が重ならないよう、そして肉の断面が少しでも広く酸化できるよう工夫しています。
写真はお肉とお肉の間に隙間を作る陳列です。

▲千葉県佐倉市 鳥羽ミート


鳥羽ミート直営オンラインショップはこちら

千葉県佐倉市の精肉専門店 鳥羽ミート
〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ内 >>グーグルマップで見る
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする