佐倉 鳥羽ミート お肉のブログ

千葉県佐倉市臼井駅前レイクピアウスイ内精肉専門店公式ブログ。松阪牛、宮崎牛・佐賀牛等銘柄牛を笑顔で販売しています。

通称”カッパ”フランケンという部位です。

2019年02月07日 | 牛肉

こんにちは千葉県佐倉市のお肉の鳥羽ミートです。
本日ご紹介するのは通称”カッパ”フランケンという部位です。

何故、カッパと呼ばれているのは定かではありませんが、フランケンの語源は日本語ではないものと思われ、日本語で”カッパ”と呼ばれたのではと推測。

フランケンはバラ肉(縦バラ)の外側についているお肉で牛の腹部を保護するための腹筋の部位です。
肉質はお世辞にも柔らかいとは言えません。
生体で500㌔以上ある内臓を支えているので強力な筋力がなければ支えられません。

用途は小売店サイドでは挽肉か厚みのあるところは一部小間材として使用します。メーカーさんなどではコーンビーフの原料の一部として使われているものです。

写真は縦バラより分割したものと分割前のフランケンです。

▲千葉県 佐倉市 臼井 肉の鳥羽ミート

【関連記事】うすい 肉ブログの中の「縦バラ」に関連する記事一覧

鳥羽ミート直営オンラインショップはこちら

鳥羽ミート公式YouTube

千葉県佐倉市の精肉専門店 鳥羽ミート 〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ内 >>グーグルマップで見る
ジャンル:
グルメ・クッキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 豚肩ロース肉のスライスです。 | トップ | なぜ脂を上にして保存するのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

牛肉」カテゴリの最新記事