トーサポブログ~願えば、夢は必ず叶う~

~人生と経営のヒントがここにある!~

イエスアンド話法~相手の意見を受け止めた後に伝える!?~

2018-04-30 19:46:13 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「イエスアンド話法」について考えてみたいと思います。
「イエスアンド話法」とは・・・
一旦相手の意見を受け止めたうえで、こちらの意見を伝える話法のことをいいます。

人は自分の意見を否定されるとその後に良好なコミュニケーションを
築くことができなくなります。
そこで、良好なコミュニケーションを築くためにも、相手の話をいったん
受け止めることが必要になります。
その際に用いられるのが、クッション話法です。
クッション話法とは、自分の意見と異なる話をされた時に、直ちに否定するのではなく
、一旦「そうですね」と受け入れるものです。

そして、クッション話法で相手の意見を受け入れた後に自分の意見を伝えるのですが、
その伝え方には二通りあります。
ひとつは、「そうですね。しかし、・・・」とつなげるイエスバット話法であり、
もうひとつは、「そうですね。実は、・・・」とつなげるイエスアンド話法です。
イエスアンド話法の接続詞は、「実は」、「そして」、「従いまして」などがあります。

イエスバット話法では、一度は受け止められているので、その後に否定されても
かなり反発感を和らげる効果があります。でも、相手には「しかし」と反論された印象が
残ってしまい、後味の悪さを残してしまう可能性があります。
その点、イエスアンド話法だと素直に自分の意見を受け止めてもらったと感じることができます。

経営者は自社の強みをお客様に伝えていかなければなりません。その際にお客様から意見を
言われることもあるはずです。その際にお客様にどのように話をするかはその後のお客様との
コミュニケーションに大きな影響を与えます。
イエスアンド話法を使って、お客様に不快な思いをさせずにこちらの意見を伝えることができれば
お客様に満足されるはずです。
お客様に満足され良好なコミュニケーション関係を構築することができれば、
いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
ジャンル:
ビジネス実用
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーソナルスペース~これ以... | トップ | ミシガン研究~リーダーと従... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-05-08 22:48:45
参考にします!

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事