中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

店舗の規模は半減してしまったが、頑張っている翠香園(市場通り) だいぶ前の看板だが「中華風鯛の刺身」。

2019-09-12 11:40:55 | 市場通り

季節毎のメニューを必ず提示してくれる翠香園。最近店舗を縮小したのが気になるが、①中華風鯛の刺身②帆立と野菜の炒め③ミル貝の葱生姜和え、いずれもすぐにでも食べたくなる料理。季節感としては④空心菜の炒め⑤冷やし中華なども提案されていた。中華街で「冷やし中華」と命名している店舗も少ない?

 

 

 

 

 

 

翠香園が半分身売り、貸店舗スペースを確保した。新業種、「SNOWY VILLEGE」と言うスイーツ店が?

 

翠香園「広東」  045-661-1266

「特徴」 1.路地でありながら大きな規模を保有している店舗。落ち着いて食事ができる。 2.売店を店頭に維持しており、土産物などもいろいろな物がある。 3.各客席がゆったりしており、コース・アラカルトも充実している。家族連れにも最適。 4.季節ごとにいろいろな料理も紹介してくれる店舗。店頭の案内を留意したい。 5.サービス(従業員)の行き届いた店である。ホットできる雰囲気が感じられる。

「ランチ」  700円(料理1品+スープ(中)+ザーサイ+ご飯)3種+800円2種+1000円2種

 店の構えは間口が広く立派なものである。隣接して売店なども併設されており,なかなか立派なインテリアも設定されている。座席はゆったりとしたレイアウトとなっており,落ち着いて予約をしなくても少人数であれば,十分に楽しめそうである。  従業員の数も十分で,気配りが行き届いている。こういうときの確認として,お茶をすぐに飲んでしまうことを常説としているが,この店はすぐに反応してくれた。一人でもサービスは十分に行き届いている。まずはスープとザーサイがすぐに運ばれてくる。多少大きめの器に入れた広東風のスープは,「ナメコ入りの卵スープ」。薄味だが風味があり美味しい。ザーサイの量が寂しいのが多少残念。  ご飯は,料理とともにサービスされる。大きめの器に十分な量が盛られている。加えて美味しい。「鶏肉と季節野菜のピリ唐炒め物」を注文した。量は多いとは言えないが,ピリ辛風味で夏には特に食欲を増すメニューである。スープおよび味付けがコクがあり,鶏肉にも片栗で閉じこめられた下味が十分にされてある。ご飯をお代わりしたのは,言うまでもない。  海鮮料理が得意なようなので,刺身を食べてみるのも良い。コース料理は基本は5000円からのようであるが,相談次第では3000円程度から用意してくれる。ランチでも1階は天井高もあり気持ちがよい空間である。 ランチ例) A特製麺+ご飯+ザーサイB鶏肉と季節野菜のピリ唐炒め物C麻婆豆腐(以上600円)D春雨の炒め物E海老のチリソース炒め(以上800円)等 土曜ランチ有り

 

 

 

 

市場通りの大型店舗[翠香園]が「お粥」・「こだわり麺」・「飲茶セット」を紹介していた。

もうすぐ時期も終わり「牡蠣」。食べておくなら「翠香園(市場通り)」。

と思えば、秋の気配「中秋月餅」。翠香園(市場通り)販売をしている。

いよいよ700円台のランチにも挑戦「翠香園」

翠香園は魚料理も得意。夕刻にはランチのパネルが「魚パネル」。

『横浜中華街文化フェア~燈籠會』

翠香園でも「サンマー麺」「担々麺」を紹介していた

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 永福楼は夏の間もバラエティ... | トップ | 市場通り龍門も頑張っている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市場通り」カテゴリの最新記事