中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

関帝廟の「太郎殿」。石像の肉饅像がインパクトを与えてくれている。時々、飾られるので変化も楽しめる。

2019-12-01 06:30:10 | 関帝廟通

様々な具材がはいった肉まんをメインとする太郎殿。店横路地におかれている饅頭人形(正式名称は不明)がだれがするのか、時々飾られる。私が見たときには、かわいい雰囲気。誰かいたずらをしたのだろうか、大事なところに10円玉までおかれていた。 肉まんのディスプレイもわかりやすい。実際には衛生面も考え店内で蒸かしているようである。

 

 

 

 

何か親近感のある「太郎殿」の豚まん人形。見たときには「ほおかぶり」をつけていた。

関帝廟通りの「太郎殿」店名が変わってから、ディスプレイが独自の工夫でされている。

究極の肉まん「横浜太郎殿」は、食べ歩きに特化したメニューを打ち出していた。

どうやら屋号も変わった「太郎殿(関帝廟通り)」、今度はビールも販売しているらしい。

この時期は、湯気が立ち上る釜が暖かさを感じて楽しそうである。「太郎殿」でも看板にあるように行列は?

「肉まんの像」も健在。太郎殿?関帝廟通り

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 錦里・変面ショー 第1回 ス... | トップ | 元町・中華街駅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関帝廟通」カテゴリの最新記事