中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

一気に同發の料理を楽しみたいのであれば、別館の「贅沢ランチ」もよいかもしれない。

2019-08-12 06:36:03 | 大通り

2週間毎にメニューが変わるランチは①焼き物②炒め物③サラダ④スープ⑤ご飯⑥香の物(ザーサイ)⑦デザート(杏仁豆腐)となっている。決して1300円でも高くないか価格。ひとりでも楽しめるのがありがたい。2種有り、もう一つは「丼もの」のセット点心もつくので、その日の気分で設定できるのかもしれない。同発はランチも易しい店である

春には季節料理として「そら豆」「ツブ貝」「金目鯛」が出されていたが、この季節料理S(2から3人)、R(4から5人)が選択できるのもありがたい。

 

 

 

 

 

同發も中華街では毅然とした位置を維持している。同発別館は大型店舗、冬・春メニューも終わり夏メニューへ

木枯らしも吹きもうすぐ冬。秋料理も終わりかもしれない⑤ 同発別館

 

「以前のイメージ」 同發別館「広東」  045-681-6331      ブログ  ブログ  

1000円(料理2品+「卵」スープ+ザーサイ+ご飯+サラダ+タピオカ)+おしぼり  

大通りの中心に位置する同發は,やはり中華街の顔である。ゆったりとした店内は,老舗の風格を十分に出している。同發は,3店舗それぞれ特徴のある営業をしている。私は,こぢんまりした本店が好きである。ランチも最も同發らしい店が本店だったと思う。  最近は,団体客を相手にしているようであるが,風格のある店内は大切にしておいてほしいものである。ランチは基本は1階の客席になる。禁煙席も有り,モダンな雰囲気にまとめられている。席もゆったりとしており,時間をのんびり過ごせる場所である。  ランチは1000円。2種週替わりで提供される。工夫はされているが,本当に定食という感じで構成されている。席に座れば同發独特の分厚いタオルが提供される。これが熱く非常に心地よい。本日はお供がいらしたので,ビールを飲んで待つことができた。意外と時間がかかる。ランチを2人で2種頼んでみた。4種味わうことができる。「あげ春巻きの煮込み」「骨付き豚肉の煮込み」「酢豚」「芝エビとグリーンピースの炒め物」がでてきた。お盆に一気に載せられれているが,すべてが熱く食べ頃である。味もそれぞれが大切に作られている。残念なことは,非常に少量であること。来店する客層からそうしているのかもしれないが,1000円という価格から考えると多少物足りない。ランチはどうもいまいちのようである。  一品料理で「八宝菜」を頼んでみたが,ハチノス巣炒めのような野菜炒め。価格がランチ2品より高い。どうも別館の料理は今後確かめてみる必要がありそうである。私には,本館の庶民性があっているようである。 ランチ例)週替わりで2品交換。 ①「あげ春巻きの煮込み」「骨付き豚肉の煮込み」 ②「酢豚」「芝エビとグリーンピースの炒め物」

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 同發本館は季節毎の料理も提... | トップ | 大通りでは老舗が店をたたみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大通り」カテゴリの最新記事