中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

永福楼は夏の間もバラエティーだった。 夏の味として「冷麺」、パワーアップとして「石鍋」が出されていた。

2019-09-12 11:35:32 | 市場通り

まだ9月であるが、熱い・今日などは終わりを迎えつつある冷麺、シンプルな①中華冷麺、何か懐かしい盛り付け、刺激も得たいのであれば②タンタン冷麺もよいかもしれない。気合いを入れたければ、石鍋もよいが、当然格安ビール(300円) も必要となるのかもしれない。パクチーもまだ維持しているようである。小さな店ではあるが、魅力的な店である。

 

 

 

 

 

永福楼 

「特徴」 1.御飯が非常に美味しい店舗。 2.あるときから食べ放題にもシフト。その後は入店していない 3.ビールが300円程度で飲めるうれしい店。 4.ランチも魅力的であるが、「定食」というセットメニューもなかなか魅力的な店。 5.2品選べる定食も提供していたことがある。

「ランチ」  750円(料理1品+ご飯+ザーサイ)

 以前あった(とはいっても営業は,2年ほどではなかったか)「菊花」という店に変わり,その店の外観インテリアをそのまま活用し,この店が開業した。そんなわけで,なかなか気がつかなかったが,よく見れば割安感のあるメニューと魅力あるランチが出ていた。  私には,以前のイメージが強く有機栽培のあきたこまちを食べさせてくれる,おしゃれな店という印象が強い。ランチは4種用意されている。なかなか他店ではみられないメニューも多い。私が入店しても店員は後ろを見て,何も反応しない。店内の客が私の存在を知らせてくれた(まずは印象が良くない,10席ほどしか1階にはない)。おしぼりと,箸が運ばれてくる。メニューをみて,どれがお勧めかと言えば,「何を(好み)食べたいですか」と聞き返す。どれも自信があるというらしい。「豚肉とインゲンの炒めもの」というものを注文してみた。メニューを見せてもらいながらしばらく待つ。すぐに,スープと漬け物が運ばれてきた。程なく料理もラインナップ。スープは,干しエビなども入るなかなかのもの。やや大きめの器に十分な量が入っている。ザーサイも非常に薄く切られたものが,上品に仕上げられ(やや量が少ないが)ている。  メインのインゲン炒めは,青椒牛肉絲の牛肉版に,インゲンを多少入れたようなもの。量はやや少ない。しかし,味はなかなかのもの最後に片栗で上手に調整されている一品である。タケノコ・タマネギなども入っていたが,それぞれの炒め具合も適度であり,シャキシャキしている。インゲンも同様である。インゲンがふんだんに入っているものを想像した私には多少拍子抜けではあったが,満足できるものであった。ご飯は,非常においしい。炊き具合・素材ともによい。  先ほどいた客が,会計時に「杏仁豆腐がひどい」と苦言を述べていた。どのようなものかと思い食べてみれば,その通りひどい。汁の味付けもそうであるが,具の堅さ出来具合もほめられたものではない。簡単に言えば,水っぽい杏仁豆腐に堅い具が入っているお菓子。中華街で出す物ではない。前の客の言い分を認めざる得ない。しかし,奥の方では「なにいってんのよ・・」というような会話が中国語でされている。先々が多少不安な店でもある感じがした。 ランチ例)週替わりで丁寧な、メニューが準備される。 Aあさりの卵炒め Bインゲンと豚肉の炒め物 C D 2009ランチが安くなる 600円(料理1品+ご飯+ザーサイ)  2009冬630円に改訂。  店内は、最近改装したせいか整然としている。1階に厨房があるため、3席(12人)程度しか入れない。2階にとおされことも多い(一人客でも意外と相席はさせない)が、今日は1階、13時をまわっているが客足は絶えない。今日は若い女性1人が切り盛りしている。  「アサリと卵の炒め物」「芝蝦と豆腐の煮こみ」が今日の海鮮。迷ったが「芝蝦と豆腐の煮こみ」を頼む。待つ間、メニューをみれば、様々なコースが準備されている。おもしろいのは、ザーサイが微妙に付かないセツトがあることかな。  豆腐の煮こみがでてきた。厨房の職人が休憩していたのだろうか、鍋の音がするまで5分程度だってからの仕事、3分程度で上がってきたので、豆腐がややぬるい。蝦ももそっとしている(冷凍から戻ったような状態)、片栗粉もやや固まったものが入っていた。  やや印象を悪くしたが、今日のスープは熱々の筍の千切りと干し椎茸が入った、熱々のものうれしい。濃厚なのでご飯にかけても十分に食すること記はできる。味は相変わらず良い。ザーサイも適度の塩抜きがされている。この程度の風味が残ったものが好きである。 豆腐料理も色は薄いが、十分な味(スープ・だしが利いている)が施されている。野菜の炒め具合はちょうど良い。いろいろな具も入っていた。当然ご飯にかけながら食べるとおいしい。今日のご飯はやや堅いので合う。

 

 

 

 

 

 

永福楼① 永福楼(市場通り)の500円ランチ「麺」を試してみた

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 夏季限定の写真を少しづつ発... | トップ | 店舗の規模は半減してしまっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市場通り」カテゴリの最新記事