中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

大通りでは老舗が店をたたみ、外からの営業店舗が進出し始めている。何か画一的になっていくのが心配。

2019-08-13 06:08:22 | 大通り

 新店舗の名前は「三國演義」何か仰々しい店名である。どうやら三国志からとった屋号らしい。メニューの中にも多く引用されている。新店舗の傾向としてはそっくり受けいついでいる。  「食べ放題」「小皿料理」何でもあれという雰囲気である。熱くなったので店頭では、車道には見出し、はやりのタビオか飲料を提供している。大通りは規制を守る店が多いが、新店舗は守られていない。発展会(商店街)に加盟しいるのは幸いかもしない。 定食・セット、様々なコースがあるのは楽しいが、点心も得意としているようである。

 

 

 

 

 

 

大通りに新しくできた「三國演義」、食べ放題だがそのシステムを利用して、「選べる料理セット」を提供。

 

 

永華楼は、「もち麦」を料理に打ち出して数年になるが、餅向きとはどのような物なのだろうか。

 

 

 

中華街でランチをシェアしながら単品と組み合わせて楽しむ。永華楼。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 一気に同發の料理を楽しみた... | トップ | 福建路で最近よく行く店とな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大通り」カテゴリの最新記事