中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

横浜中華街春  大通り 20190314  北京小路

2019-06-16 05:01:12 | 福建路

参加しませんか 

 第2回 鮮魚店直営の中華料理店 「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART2

第2回 鮮魚店直営の中華料理店   少し贅沢に築地直送鮮魚を味わう

華錦飯店 

6月20日(木)13時15分集合   (石川町駅13時・中華街「北口」集合)

横浜中華街で鮮魚店として18年営業しております。魚屋だからこそわかる素材・旬の魚貝類の1番合った調理などを、お客様に味わい楽しんで頂きたい!中華街で食材にここまでこだわっているお店は「華錦飯店」 「華錦飯店が注目される三つのポイント」 【①母体が鮮魚店だからこそ出来るオーダースタイル】 【②築地での直仕入れ】 【③高級魚から珍しいお魚まで幅広い品揃え】

この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp

参加したい方はご連絡ください。090-3436-8532 ネットでカルチャー(散策・グルメ)

 

20190314   中華街    

北京小路

横浜市中区山下町                 重慶飯店本店      

 横浜中華街春  横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多い。所在地である中区の中国人人口は6000人を超える。これは同区で登録されている外国人の約4割にあたる。   約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっている。1866年(慶応2年)の横浜新田慰留地から数えると150年強の歴史をもつことになる。日本では、神戸南京町や長崎新地中華街とともに「三大中華街」とされる。大福林に福龍酒家が同居していた 

 

 

 

 

横浜中華街秋2018 北京小路

 

様変わりした北京小路。重慶飯店の移転で小さな路地「北京小路」に変化が。

中華街でも老舗・吉兆(北京小路)のセットメニューが2種に!

第13回 桜木町から赤煉瓦(軌道)歩きと中華街 重慶飯店 個室で食事 

青葉(北京小路)の隣にある吉兆は、「アサリそば」が有名な店舗。隣接する店舗名?「青葉八種」

重慶飯店売店の最近のお勧めは「ジャンボ焼売」。番餅の由来も初めて読んで知った。

時々、案内が変わる「青葉本店(北京小路)」。やはり薬膳が気になる。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 興福のランチは点心が付かな... | トップ | 京華楼(関帝廟通り)の楽しみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福建路」カテゴリの最新記事