中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

中華街のランチをまとめてみた その35「市場通り3」  海鮮料理酔楼別館「広東・海鮮」

2021-02-27 06:29:28 | 市場通り

海鮮料理酔楼別館「広東・海鮮」①
海鮮料理酔楼別館「広東・海鮮」は私の好きな店

 私の中華街で好きな店「翠楼」のさかなランチは、730円。最近店も改装し、雰囲気も良くなった(相変わらす愛想の一見ない叔母さんはいる。本当は気持ちの良い人)。料理もデザートもいっしょにででくるようになったのは残念だが、相変わらず豪快な肴が出される。ありがたい。

 なんといっても「魚ランチ」。最近魚が小さくなってきたのが残念だが・・・。700円(料理1品+小鉢(豚の耳等)+スープ+ご飯+デザート)+おしぼり,「今日の魚料理」(お勧め)中華街で,最近当たりの店になかなか出会えなかったが,今日の酔楼は久々のヒットである。

 海鮮料理は中華街で多い方ではないが,全体的に非常にリーズナブルな価格設定になっている。旬の魚をいろいろな料理にアレンジしてくれている。魚は,あんかけ・甘酢いため・唐揚げ等の仕上げに注文ができる。コースは3000円から豊富にある。お勧めは,前菜から料理,デザートまで10種が選べ,チャーハン・スープまでついてくるセレクトコース(2980円)。非常に楽しめるアレンジがされている。

 ランチは,価格設定が様々ある。1000円からのコースもあり,昼食を楽しむのであれば十分な量である。1500円のものもある。しかし,私が絶対に勧めるのが「今日のお魚料理650円」である。私が行ったときが当たりだった(その後も何度か訪れたが,はずれはない)のかもしれないが,「アイナメの姿揚げ(甘酢仕上げ)」であった。

 席に座れば1人でも急須に入れられたお茶がサービスされ,暖かいタオルがだされる。まずは,スープ。普通の店では3人前程度の量が,器に入れられてサービスされる。スープの小どんぶりに分けても5杯程度は十分にあった。味もあっさりとしていてなかなかコクがある。野菜を主体とした具も豊富である。

 しばらくして出てきたものは,大皿からはみ出すほどのアイナメの揚げ物。こぼれんばかありに甘酢がかけられている。ぱりぱりとした魚は,じっくり上げられている成果,骨・えら・尻尾までは,抵抗無く食べられる。ご飯も美味しく,大きな器で出される。これで,この値段と思うと非常に徳をした感じを抱くこと間違いない。

 最近,ご飯は小振りな身のに入れられるようになったが,お代わりができるので体勢に影響はない。最近本館がリニューアルされたが,別館のランチは無い。 

 海鮮好きの私は,ここのランチがお気に入りである。しかし,今日は多少失敗したような気がする。「博多産:オコゼ」と「三陸産:ドンコ」の選択だった。ドンコは何度か食べている。しかし,オコゼはまだである。今まで食べる機会がなかったわけではない。どうも骨っぽく調理されてもイマイチであろうと言うのが,私の考えだったから別の魚に逃げていた。

 今回,ドンコとの選択となり決断してみた。賞味してみれば,予想通り,骨を食べているようなものであった。くわえて本日の魚は,私がこの店で食べた中では,持つとも小さなもの。普通であれば,2尾は付くであろうという型であった。
 痩せオコゼであるから一層のことであったのと思う。このあたりで,この店の魚を分析してみる気持ちになった。

「調理法」①揚げ物,②蒸し物,③煮物の順であろう(当然私の個人的な趣好)
「料理法」①中華あんかけ,②麻婆ソース,③蒸しもの特製ソースかけ,④チリソース ⑤煮物
のような気がする。少し気になるのは,最近ご飯も小盛りになり,スープもイマイチ美味しくない場合が多い。

 何せ,今回のオコゼも揚げすぎであることははっきりしている。少ない身までもかさかさになり賞味出来る状態ではなくなっていた。料理人が変わったのであろうか,どうも本店がリニューアルしてからイメージが悪い。びっくりするような魚ランチを維持してもらいたいものである。

 

 

 

中華街のランチをまとめてみた その34「市場通り」  永福楼

中華街のランチをまとめてみた その33「市場通り」  雲龍  現在は閉店しています


コメント   この記事についてブログを書く
« 中華街のランチをまとめてみ... | トップ | 中華街のランチをまとめてみ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

市場通り」カテゴリの最新記事