中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

上海蟹 2014

2014-12-29 07:38:49 | 情報

上海蟹    http://www.explore.ne.jp/feature/xie.html
 

チュウゴクモクズガニ(学名Eriocheir sinensis H. Milne-Edwards, 1853、中国名:中華絨螯蟹(拼音: Zhōnghuá róng'áoxiè)、英名:Chinese mitten crab)は、中国および朝鮮半島東岸部原産のイワガニ科のカニの一種。従来は「シナモクズガニ」(支那藻屑蟹)と呼んでいたが、近年ではあまりこの名称は用いられない[1]。日本では一般に「上海蟹(シャンハイガニ)の名で知られる[1]。上海、香港などで、秋が旬とされる、重要な食用種である[2]。その一方で、アメリカやヨーロッパでは外来種として問題にもなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12回 初物語「馬車道(アイスクリーム・ガス灯)から」中華街を目指す。

みなとみらい年末の装いを感じながら中華街を目ざす。梅林閣(中山路)


コメント   この記事についてブログを書く
« 北門通りに新しくできた「景... | トップ | 龍海飯店「中山路」の食べ放... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報」カテゴリの最新記事