中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

中華街の「横浜銀行」は、景観に配慮しなじんだデザインとしている。

2019-08-20 07:26:36 | 西門通

中華街には、景観協定(俗に言う建築協定)に近いものが設定されている。それにより街並を維持されているが、最近組合にも入らず、勝手な雰囲気の店舗を作る店舗も多くなっている。やはり雰囲気は大切、

 

制度 中華街憲章 https://www.chinatown.or.jp/hattenkai/institution/charter/ 制度 街づくり協定 https://www.chinatown.or.jp/hattenkai/institution/ 横浜開港とともに歩んだ中華街は、多くの先人達が刻苦勉励を重ねる中で生活と街の礎を築き、今なお外国人居留地の面影と歴史が生きた街であり、開港の歴史文化と国際化に培われた異国情緒を醸し出す横浜の文化遺産の街です。 歴史と文化の薫り漂う街としてのイメージを代表する風景があり、商業と生活が共存共栄し、自らが景観を守り育てる愛着と誇りをもちながら魅力と活力ある街を目指します。 安全で快適な商業居住地域として更なる発展をさせていくには居住者と事業者が協働して活力ある街づくりが継続できる新たな街のルールを定め、地域住民の一員としての誇りを持ち、 横浜中華街の個性的な景観とコミュニティを次世代に引き継いでいきます。 


コメント   この記事についてブログを書く
« 店舗に変化は感じないが、店... | トップ | 西門通りの魚屋「朝陽物産」。... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西門通」カテゴリの最新記事