飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どんぐり

2017-12-06 09:35:37 | 2017.11

二十四時間の仕掛けを風が覆してゆく

誰かが数えていた

8から3へ

千から億へ

ばらばらっと音がした

どんぐりだ

これ一個ずつ命なんだぜ

アスファルトに震えているけれど

 

素速く拾った

赤勝て

白勝て

カゴがない

おっと 私は

子どもではなかった

 

できるだけ元通りに

どんぐりを置いて

駆けた 駆けた

地球の裏ではちょうど満月

 

おおい

おおい

ハンガー翻る

遊ぶカラス

留守が長いぞ

おおい

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 原始記憶 | トップ | 二人三脚 »

コメントを投稿

2017.11」カテゴリの最新記事