飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

予言なんて

2018-01-02 11:02:12 | 2017.12

わたしには

予言なんてできないことがわかった

過ぎたことを

あとから知るだけ

 

少しの飛躍とともに

 

そこにいっぱい味つけとして

塩コショー

ターメリックに苦よもぎ

などまぶして

見えにくくしているだけ

 

予言なんてできなかった

 

小さな才能はあのときのまま

オルゴール人形のまま

黄色の女の子

昔だ 昔のこと

彼女も今では母親になり

歯が欠け 瞳は濁り

すっかり所帯じみて

 

予言者なんていなかった

 

若返った人間なんていなかった

 

しわとしみ

声も枯れ

寿命はのびたけれど

悼む暇はあまりなくて

結局どこかへ急いでいる

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イライラ | トップ | ロボット »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (坂本章)
2018-01-04 09:06:03
「予言」ねえー。何を予言するのでしょう?私の未来?貴女の未来?恋愛運?北朝鮮?日本の未来?予見と予言の違い。有るでしょう。「おみくじ」は予言。何故、大吉を願望するの??
おみくじ (遠井審理)
2018-01-05 19:50:42
今年もよろしくお願いいたします。

そう言えば、今年はおみくじを引き忘れてしまいました。お賽銭だけポケットに入れて、財布を持って行かなかったのです。
「予言」は私の世代ではノストラダムス~超能力ブーム。超能力者になるべく修練したせいか、今でもジャンケンは強いです。

コメントを投稿

2017.12」カテゴリの最新記事