飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二本足の蜂

2017-08-17 12:12:03 | 2017.07

あしのちぎれた蜂から

物語は始まる

あしはもともと六本あったはずが

今では二本だ

一対の大きな手

拍手をする 喜ぶ手

胴体は相変わらず

黒くてつややかで

元気そのもの

 

あしをもって蜂というのだろうか

 

とぶのが蜂ではないか

 

巣を持っていっちょう前の蜂か

 

二本足では、どう?

 

蜂の魂は泳いでいる

雷鳴と蝉時雨

夏を見届けに

昼も夜も忙しい

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« さみしい人 | トップ | マンボウ »

コメントを投稿

2017.07」カテゴリの最新記事