飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嘘のない子ども

2017-04-29 13:21:47 | 2017.03

夢は絞られすぎたくつ下みたいに

冷たい灰色の空を泳いでいる

爪はどうしてこう

伸びてばかりいるのだろう

履いていく靴がもうないな

お腹が温泉になるラーメン

ほんとうにあったらいいのにな

相撲取りはごはんのことなんでも

ちゃんこって言うんだって

泣くほど食べるんだって・・・・・・

 

きみはとても明るくなった

ふわふわしていて

でもしっかりしていて

夢をかなえたのか

きみはやっと嘘のない

子どもになった

コメント

H・P

2017-04-25 16:07:27 | 2017.03

こっち向いて桃食べよう

固くなく種まで美味い

二人は十万年前の風になる

芽を出ししばし化石の時

H・P

刻む

 

まぶしい人が歩いてくるよ

きっともうすぐ命が出ていくんだね

波はささやく

波はいつでも回っているから気付きやすい

ほほえんで見ている

 

天国だと

ほめてくれてありがとう

 

白い糸で桃を切る

角度H・P

コメント

コーヒー有害説

2017-04-21 17:14:22 | 2017.03

コーヒーは特別な液体の感じで

きみに有害

なんべんも欲しくなり止められない

きわめて有害

豆や実や粉があり

きつい匂いがする

きみは馬鹿な顔して飲む

どんどん脳に染み込み

きみの思考は危険水域

 

コーヒーは特別な液体の感じで

きみに有毒

なんべん言っても止めやしない

分解される傍から戯言を発し

黒けりゃ黒いほど良いとする

だめだよう

きみが死んじゃう

コメント

日光が出ると

2017-04-16 18:11:52 | 2017.03

日光が出ると、出てくるんだ

欲が

つばつけて集めて貯め込む

きっと日光のせいなんだ

 

街路樹の根元の新芽、あるだろう

あれが根こそぎ欲しくなった

自分の頭に櫛も通さず

狂ったようなもんだ

 

この星に住む以上やる方なし

あの風を糧にする以上わたしは

夜には厳しい顔していても

欲があるんだ

 

人に言えない夢も見る

ザンゲする神はいない

信仰がないんだ

知らないけど生きてるんだ

コメント

ほのかなる

2017-04-11 17:33:14 | 2017.03

ほのかなる

さんざめき

ゆれまどう

こいしきみ

わがいほは

けふこへて

なるべくし

さんざめき

きつねつき

てをつなぎ

おなじあめ

かぶらんと

ゆくえもし

メビウスの

かなしみに

しりぞける

きみがため

むしとなり

きみがため

はいとなり

ただうつろ

さんざめき

みちすがら

こじきのせ

とるとてや

ならぬゆえ

たびおひし

らくかんの

きみおもふ

コメント

洗たくバサミ

2017-04-06 18:37:48 | 2017.03

洗たくバサミになって

じっと

待ちたいな

 

そのうちめがでるぜ

 

穴がいくつかある。プラスチックと金属。

恐竜あたりから進化したと言われてる。

手に持って覗くといろいろみえるらしい。

 

洗たくバサミになって

春を

迎えたいな

 

土をどんどん鳴らす客

 

どうすれば気をつかわずに帰ってもらえるか

 

柵の間に手を入れます。肩まで全部。

ペイントが少し付きます。気にしない。

服は誰にとっても重すぎる。

 

月が輝いていました

GPS日和でしょう

コメント

さよならトマト

2017-04-04 20:00:26 | 2017.03

トマトの三つは無限の塊で

はぐれたトマトを探して世界へ

 

星は無数

保護されている

トマトだもの

 

何のために生きているとトマトは仲間に問う

砂糖や

または油で

味つけされるため

二つのトマトは泣いている

 

別れを哀しんで泣くさ

季節がないのだこの世界には

花を見たか

誰か

自分らの花咲くところを憶えているか

 

ない

トマトには過去がない

さすれば脱出

シュプレヒコール

コメント