飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原種チューリップ・大丈夫・腕時計

2018-03-31 13:37:26 | 2018.02

  原種チューリップ

 

原種チューリップ

不器用な赤

幾重にも咲く

花屋のワイングラスの中

背伸びしないままでいて

 

 

  大丈夫

 

大丈夫

実感できないけど

マイナス × マイナス

前へ進みます

へこんではのぼり

転んでは起き

大丈夫

手の平に三角

描いて飲む

 

 

  腕時計

 

腕時計のない手首が

つめたい

指輪をなくしたときよりずっと

心もとない

体は脈打つ

1・2・3

それとも

3・2・1

コメント

ひとり

2018-03-25 10:06:48 | 2018.02

先を行きすぎ

また 私 ひとり

走って迷い でも走り続け

ひっかき傷つくりながら

空が見えた

地平線

そして鳥も

 

だけど 私 ひとり

 

生まれるときからひとりだったもの

母体に生かされていたけれど

あのときから 私 の中にすでに 私

いたもの

 

ゴールで待ってくれる人はいない

電話番号をひとつ間違えても

その連鎖でどんどん忘れて

私の帰る場所 もうない

 

だから行くよ

先へ行くよ

コメント

子の影

2018-03-18 13:01:19 | 2018.02

輪郭があやふやで

淡いところから確かなところへ

握る

握りきれず でももう一度

 

父は子の頭を撫でる

満員電車

子は笑いたいのか泣きたいのか

髪が逆立つ

撫でるとふわっと

押さえると

その手についてくる

 

爪もまだ大きくなる

隠しているの

ふくろうみたいに

まなざしは鋭いもの

コメント

名前

2018-03-09 20:14:24 | 2018.02

わたしは

名前をつけるのが下手だ

もしも犬を飼ったなら

「いぬ、おいで」

「いぬ、もうねるぞ」

猫を飼ったなら

「お腹すいたのかい、ねこ」

「今日は冷えるなあ、ねこ」

 

庭の木に飛んでくる鳥には

「とりさん、おはよう」

潮だまりの小魚には

「おい、さかな、かにがねらってるぞ」

 

日が暮れてきたら

「太陽、行ってしまうのか」

背を向けて

「海よ、砂よ、さらば」

足跡が点々

「おまえはわたしか?」

コメント