手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

「意志は固く頭は柔らかく」をモットーに、
心にうつりゆく由なし事を綴っています。

二階は痴呆老人

2017-07-29 22:32:40 | 政治問題

 2017.08.02 追記

橋下もたまには正論を言うのだな。
ま、当り前のことだがね。



二階氏、地下シェルター整備訴え北朝鮮ミサイル
北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、自民党の二階俊博幹事長は29日、
「地方、地域で大きな防空壕(ごう)を造ることができるかできないか、
対応していかなければならない」と述べ、日本に着弾する事態を想定した
地下シェルター整備の必要性を訴えた。
党本部で行われた「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」の役員会後、記者団に語った。
役員会では「北朝鮮が本気で撃つ準備をしている」との意見も出たといい、
二階氏は国民の避難のあり方に言及。
「各県、自民党県連などが協力して対応すれば、防空壕をつくる場合でも、
相当スピーディーに対処できるのではないか」と述べた。
自民党は6月、「新設も含めシェルターのあり方を検討する」との提言を公表。
二階氏の発言は、新設に向けた意欲を改めて示した形だ。新設なら巨額の予算が必要となるが、
「財政がどうだこうだと言っている時ではない。
普通の予算や普通の年次計画などではなく、頭をフル回転して対応しなければいけないと、
国民にも党の関係者にも呼びかけていこうと思う」と語った。

この痴呆老人はICBMが如何なる物か理解できないらしい。
ICBMは言うまでもなく大陸間弾道弾であり、攻撃対象は米国だ。日本でない。
北朝鮮は日本に関わっても時間の無駄だから相手にしない。
どれだけ挑発しても洟もひっかけてくれないのだ。
それに、日本を狙うのならノドンがある。
ノドンは20年以上も前にとっくに完成しているのだ。
いまさら何が脅威だ。
また、北朝鮮に本当に脅威を感じるのなら、
防空壕よりも原発稼働停止が最優先のはずだ。
だけどそれはやらない。
この老人の脳は腐っている。
北朝鮮よりも、認知機能の著しく低下した老人がこの国を支配していることの方が
はるかに不気味で脅威だ。

 追記

自民党支持層の知能は家畜以下   

 

こいつら  頭わるいな。
何食ったらこんなに頭が悪くなるのかね。

頭を抱えて助かると思ってるやつは一生抱えてろ。
わしはアメリカの盾になるのはまっぴら御免だ。

糞が落ちてくるまで頭を抱えてろ、愚民ども 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 達ちゃんの話 | トップ | 頭を抱える前に頭を使って考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治問題」カテゴリの最新記事