首都大学東京 自動車部 ~TMUAC~

活動報告、日々のあれこれ

天然と反省だらけの軽耐久 part2

2018-04-03 23:52:23 | EV記
連投2/3 僕はBTTFの映画が好きです
なのでパート2
N-Nクラス 初戦

3/31にあった軽耐久について
今年から本庄軽耐久シリーズにN-Nクラスが開催されます。
全3戦
その第1戦があったので出てきました。
車両は、ha23vアルト

赤と青の非常に目立つ車となってますね

3月はいろいろとあり?、準備も遅れ気味でしたが、何とか間に合わせることができました。
一番大変だったのは、レース4日前に、フライホイール裏のクランクシールからオイル漏れしているのを発見
交換するのにミッション脱着を伴う作業したことでした。
これが、後々のフラグとなる

今回からは作業や整備は1年生と共に作業しています。
色々とやることはありますが、非常に心強いです

さて、今回のドライバーは、スーパーエースTGN,
相変わらず追い込まれているシガ氏
忙しい時期なのに駆けつけてくれたオガワさん
期待の新人たち
イケダさんとモリくん
そして、主将の私

以上の6名でいってきました。

今回の耐久
予選はなし
代わりにくじ引きでグリット整列の順番を決めました。
引いたのは、私
1番目に引き見事1番グリット

なんか出来すぎている

練習では、アルト号はセッティングが決まったためか、他のチームと比べ速いペースで走行することが出来てました



そして、決勝スタート
ファーストドライバーはTGN
色々なことを考えた結果、彼には50分走行していただきました。
そんな彼
今回、服に音楽プレーヤーを忍ばせ、基本凄いノリノリで歌を歌ったり、「運転しながらじゃ、パラパラは踊れないよー」と言ってました

こんなふざけたことを言っている彼ですが、レースの方は、2位と大体毎週0.5秒差をつけ、1位を爆走
交代する時には、2周の差をつけてイケダさんに交代
さて、彼女
練習ではそこそこに良きペースで走ってましたが、最初の方は分からなくなったらしく、ペースダウン
そこから、オガワさんからのアドバイスで本来の走りができるようになったところで時間的にチェンジ
オガワさんへ
1年生のペースと上級生のペースを考えると上級生の時間を少し伸ばす方に配分を調整
そして、4番手モリくんに代わった時にアクシデント発生
というより、フラグを回収

シフトリンケージのボルトが取れてしまいました。
せっかく1位を走っていたのにやむなくピットストップ
再出走するため、ボルトをカインズまで買いに行きました。


おい、ここのボルト締めたのは誰だ?
僕です

本当にすいません



その後、ボルトをつけて再出走の後ゴール
途中、無線のアンテナが壊れるというアクシデントが発生

全体ファステストを出すなど、車は他と比べ完成していただけに非常にくやしい思いをしました
(やったー、自走で帰れる)
そんな失意の中の表彰式
学生チームが我がチームしかいなかったので、1/1で学生部門の表彰を受けました。

トロフィーは今回のことを忘れないようにガレージに箱と共に飾ってます

そんな感じの今回の軽耐久
1年生の成長を感じながら今の上級生の欠点が見えた感じです
え、もともと見えていた?


次回の第2戦は7月末
そこまでにアルトでやりたいことや試したいことがあるので調整をしつつ次回に挑戦していきます。



さて、
あまりにも整備ミスが露呈する耐久続きだったので、帰り道でサービスマニュアルをオクで落とし、その勢いで安かったミッションの予備も購入しました。なんでも、アルトの1,2速はブローしやすいとのこと
もうアクシデントは嫌だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 追走追いコン2018 | トップ | 新歓2018 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

EV記」カテゴリの最新記事