読んでためになる法律

身近な読んでためになる法律の話し

連帯債務

2005-10-28 11:36:07 | Weblog

A・B両名はCに対して連帯債務100万円を負担していた。
その後Bは死亡し、D・Eが相続人となった。
CはDに対していくらの請求ができるか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

50万円の請求ができる。

連帯債務者の一人が死亡し、その相続人が数名ある場合には
各相続人は、被相続人の債務の分割されたものを承継し
各自その承継した範囲において、本来の債務者と共に
連帯債務者となる。

夫婦別産制

2005-10-13 10:16:06 | Weblog

夫婦のどちらかが、結婚する前からすでに持っていたり
結婚してからでも自分の名義で得た財産は、その者の
特有財産であるということです。

これに対するのが「共有財産」である。
夫婦のどちらの財産かはっきりしないもので
離婚のときには、この共有財産は財産分与の対象となる。

結婚するときに、お互いの財産が誰のもので、
誰が管理するかについて「夫婦財産契約」を結んで
おけば、後でもめなくてすむ。