tonto's blog

やっぱり食べ物のことばかり

7日間

2018-06-04 | weblog

 日曜日の夜に放送しているミスターサンデーという番組を見ていたら、入院中の末期癌の女性が、もし今家にかえったら何をしたい? とご主人に聞かれ、苦しい中で話したことをご主人が記録。このお話の内容とこのご夫婦のことが昨夜紹介されていました。

 女性の望んだことは朝日新聞に掲載され、その記事がSNSで紹介され、最近話題になっているそうなのですが知りませんでした。

 写真の新聞記事は抜粋だそうですが、全文を。 

 私もずいぶん感動したので、忘れないようこちらに書き留めておきたいと思います。

「七日間」

神様お願い この病室から抜け出して
七日間の元気な時間をください

一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい

あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ

二日目には趣味の手作り 作りかけの手織りのマフラー

ミシンも踏んでバッグやポーチ 心残りがないほどいっぱい作る

三日目にはお片付け 私の好きな古布や紅絹

どれも思いが詰まったものだけど どなたか貰ってくださいね

四日目には愛犬連れて あなたとドライブに行こう

少し寒いけど箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く

五日目には子供や孫の 一年分の誕生会

ケーキもちゃんと11個買って プレゼントも用意しておくわ

六日目には友達集まって 憧れの女子会しましょ

お酒も少し飲みましょか そしてカラオケで十八番を歌うの

七日目にはあなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ

大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう

神様お願い七日間が終わったら

私はあなたに手を執られながら
静かに静かに時の来るのを待つわ
静かに静かに時の来るのを待つわ

 

 ネットでも多く紹介 されています(ご存じじゃない方はぜひ)が、いつか消えてしまうので。

 自分より配偶者に長生きして欲しいと考えるのは、女性が半数なのに対して、男性は8割近くいるそうです。まあ、確かに何も出来なくなってしまいますから。

  大塚博堂:好きです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« うなぎ丼 | トップ | しょうゆうどん と タルト »