tonto's blog

やっぱり食べ物のことばかり

タイミング 悪る!

2018-05-18 | weblog

 私の母校の大学病院が竣工(昭和47年)したときには、規模が東洋一といわれたそうです。実際に私がはじめてその建物を見た時にはまだそれから5年ほどの事もあり「スゴー」と思ったのを覚えています(東洋一って言葉、最近使いませんね。どこのことをいってたんだろう?)

 その後、都内の各大学病院も建て替えが進み、高層・巨大化するなかで我が母校の建物は老朽化し「なんかみすぼらしくなったな」と感じていました。そして当然のことながら建て替え計画がおこり、つい最近写真のような募金のお願いが入った封書が届いていました。

 卒業後は地元の大学病院で研修を受け、母校に今は学生の頃に仲のよかった友人がいるくらいで、他に何も何もつながりはないのですけど、はやり母校のことですから、何らかの(ほんの少しですけど)協力を考えていました。

 そんなところに、日大アメフト部の関西学園大学との問題(事件)です。関東の日大監督にそこの部員が関西の西宮の大学生である「ミッドフィールダーを壊してこい」といわれ実行したこと。それが公になってからの大学本部の対応。これは「あきませんわ」です。

 今回の関西学院大学よりの質問(抗議)に慎重に回答すべきところなのに、あの内容は相手の怒りを煽ってしまっても仕方ありません。各大学から日大とのゲームのキャンセルが起こっているとか。当然のことだと思います。大学本部って(大きな総合大学ですから)いろいろな専門家がいて、コメントへの反応がこうなることぐらいわかるでしょうに。

 建て替え計画に尽力を注いでいる方々には、全く「タイミング・悪すぎ」とガッカリされていることでしょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« バナナスポーク | トップ | 大阪梅田への電車のなかで »