木とあそぼ ! "ツリーイング"

TMCA北東北ブロック 岩手支部公式ブログ

"ツリーイング"はロープを使った安全で楽しい木登り技術です。

教育旅行でTree+ing

2016-04-29 | 体験会
久慈市山形町での27日から今年の教育旅行受け入れが始まった。
今度来てくれたのは仙台市の「桜丘中学校のみなさん」、2日目に平庭高原のブナ林でのツリーイング体験です。
ロープ技術で登る「木登り」は初めて、「高ーい、こわーい、楽しいー」と叫びながらも十数メートルをスイスイ登ってました。







この日は少し肌寒い気候でしたがみんな元気です!










最後は「こんな木を切る時の技術が体験できて最高でした」と挨拶してくれました。

林業を目指す子供が増えることを期待しています・・・


この記事をはてなブックマークに追加

今どきの木登り(ツリーイング)

木登りって、子供の頃の遊びの原点だった。  木に登って上から見渡すと、自分が「でっかく」なったように気分が高まっていった。 今「ツリーイング」がある 「簡単安全な木登り」として・・・

「ツリーイング」の仕組み

登る原理はとても簡単だ。ロープを枝にかけ輪を作る。 体にはハーネスを装着しカラビナでロープと接続する。 輪から下に垂れ下がったロープに細めのループをセットし片足で踏み下ろすとぶら下がった自分の体が持ち上がるという仕組みだ。 「ブレイクス」と呼ばれる結びによって安全に昇り降りできるシステムだ。 子供も大人も簡単に木登りが楽しめる。