巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふたりぼっち

2018-09-22 01:38:23 | 
『ふたりぼっち』

突然に降り出した雨
僕達は行き場を失う
聳え立つビルの窓から
七色の傘の行方を追った

記憶の片隅にぶらさがった
モノクロームの残像に
癒されては、また足掻いた
成り行きに身を任せて
懸命に笑った

物陰に隠れて
ふたりで遊ぼう

何を言っても仕方ないなんて
考えるだけ無駄じゃないか
当たり前に笑おうと
天空に指を差した

君の言葉は溶けてしまった
裏腹に僕は叫ぶよ
強くありたいと願って
夜はまだ長く続く

君が眠るまで一緒さ
夜空に頬杖をついて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 遠い未来を集めて | トップ | 言の葉大賞 »

コメントを投稿