巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

心を鎮めて

2017-07-08 00:08:01 | 
書くことで癒されるなら
こんな嬉しいことはない

僕が本気を見せたとき
打ち上げ花火が炸裂する

すべてにおいて残念な君は
僕の前から姿を消すがいい

西から東から柔らかな風がそよぐ
君はとても心地よさそうに
光の粒子を身体一面に浴びる

光沢を身に纏った君は
朝日と夕日のどちらを選ぶだろう

僕は君を心から誇りに思い
心から疎ましく思う

許す気持ちと許さない気持ち
この二つが同居したとき
僕は心を鎮め、詩を綴る
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崩れゆくモラル | トップ | 人生は金縛り »

コメントを投稿