ゴールデンレトリバー カンタとの日々!

 カンタの成長を記録(週記?)+釣果、ガーデニング?情報・・・。

 ”壁打ち練習場”が”ドッグラン” !

2019-03-17 16:17:05 | 日記
 3月17日(日) 晴れ→小雨

 放射冷却で-0.8℃と氷点下
7:20に家を出て、”カンタ”に誘導されて”スポーツコア”
”霜”が降りてグランドも真っ白
”うんP〜”は軟便気味ですが問題なし




 

 今日も”イオン南口”から、北口に
雲がかかっていましたが”立山連峰”が見えました








 ”新高岡駅”に向かって






 ”スポーツコア”に戻ると”霜”が消えていました
1周して、”壁打ち練習場”で”ボールのレトリーブ”











 ”ゴロスリ”して、ボールを『カミカミ』していると
”ココちゃん”がやって来ました
ちょっとした”ドッグラン”
ただ、”ココちゃん”は、ちょっと”カンタ”を敬遠気味
”カンタ”も”ココちゃんパパ”の方が気になる様でした
















 帰ろうとすると、まだ、”コート”の”霜取り”に時間を要するとのことで、高校生達が
ウオーミングアップしてました
8:30に帰宅し、歩数は5700歩強ちょい






 近所に不幸があり、”お通夜”のお手伝いなので
 夕方の散歩は、早めの15:10に家を出て”おとぎの森”に向かうつもりが今日も拒絶
”うんP〜”は軟便
”スポーツコア”の2周中に、雨が降って来て急いで帰路に
15:50に帰宅し、歩数は3500歩強








 ポチッと”カンタ”を応援して下さいね♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村 
PVアクセスランキング にほんブログ村


『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
«  ”アレルギー検査の結果”が... | トップ |  また、”下痢P~”のぶり返し... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日も、カンタちゃんの勇姿に心救われます。 (je1mgb)
2019-03-17 19:29:06
カンタパパこんばんは。
今晩も、カンタちゃんの姿を見て心が和らぎました。
元気な姿を見ていると、「よーし、俺もちょっと頑張っちゃうぞ~。」と言う気持ちになります。
今日の高崎市は、相変わらず花粉が乱舞していました。
当方、医者に勧められて、二年くらい前から免疫療法の「シダトレン」舌禍液を愛用しています。その成果なのか、最近は花粉症の症状も、かなり出なくなってきていますが、昨日と今日は、鼻水がタラーリと出てしまいました。
寒さもだいぶ無くなっては来ている高崎市ではありますが、それでも、暖房の必要な毎日です。
カンタちゃんの楽しい日々をまた配信してくださいね。
ではまた。
”je1mgbさん”こんばんは! (カンタパパ)
2019-03-17 21:40:39
 ”カンタ”は、病気だとは思えない程元気にしています。
犬が調子が悪い時は、余程の事みたいです。
細かく様子をチェックしなければと思うっこの頃です。

群馬は花粉の飛散は多いですものね〜
しっかり、予防して下さいね!

これからも”カンタ”の応援よろしくお願いします。
Unknown (ジュジュかあさん)
2019-03-18 10:50:35
カンタパパこんにちは!
アレルギー検査の結果が出ましたね…
多少のアレルギーがある様ですが、一縷の望みをかけてアレルギーが原因だと思うより、私は3倍に腫れている胆嚢の方が心配なんですが…
そちらの治療は時間をかけて大量の薬で治療していく方針ですか?
カンタは以前に甲状腺機能低下症の疑いがありましたよね?
これに関連する胆泥症はあり得ないのですよね?
詳しい説明をお聞きしていないので素人考えですが、胆泥症の初期だと健康にみえるらしいので安心してしまうと手遅れにならないかと心配です。
もう七歳のカンタがずっと食べているフードで急にアレルギー反応を起こして胆嚢が腫れたり痩せると思うより、通常の3倍に腫れた胆嚢を何とかしてあげたいと思います。
飼い主の考え方ですから強く言うつもりはありませんが、ジュジュだったら…と色々考えて思うことを書いてみました。
獣医さんとしっかりお話しされながらの治療だと信じています。
頑張ってください。
”ジュジュかあさん”こんばんは! (カンタパパ)
2019-03-18 20:21:10
 ”アレルギー”であれば、との期待感が強いだけで、言われるように”胆嚢”が
通常通りの大きさになるとの確証があるわけではありません。
また、急に大きくなったのか徐々に肥大化したのかも定かではありません。
まだ、一つ一つの可能性を潰していくだけの状況であり、何が正しいのかも
わかっていないのが実情です。
病院には、5名の医師がおられますが、そのメンバーのカンファレンス結果を
信じて行くしかないと思っています。
”胆泥症”の可能性についても確認してみます。
何かお気づきの点あれば引き続きアドバイス願います。

いろいろとご心配頂きありがとうございます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事