2018年1月

2018-01-31 | 教会レポート
主の御名をほめたたえます。
皆様の執り成しのお祈りとご献金を感謝いたします。

家内がNYに来て、1か月後に教会に来られて救われたご家族が、7年半強メンバーとしておられましたが、
この12月にサンディエゴに引越しされ、送り出すこととなり、
1月から新しい導きと段階が始まっているように感じています。
特に、祈りが強められ、み言葉に立った祈り、聖霊の導く祈りを教えられ、教会の祈りが強められています。
さらに教会での心を合わせた祈りが強められるよう、祈り手が起こされるよう求めたいと思います。

東京アンテオケ教会主導の、24時間の感謝と賛美の連鎖祈祷にもNY教会も毎日30分捧げ、参加させて頂いています。
このことを通しても信仰と祈りが強められています。

2月の終わりに、白馬スネルゴイキャンプに合わせて、夫婦で一時帰国することになりました。
主の恵みに感謝し、祈り備えています。
昨年の夏に、NYの他教会の妹さんで、東京在住のご夫妻の癒しの祈り為に訪問させて頂き、
叔母様も含め、癒しの祈りをさせて頂いた後、福音をお伝えし、イエス様を信じ告白し、救われました。
このご夫妻を再び訪問することになりました。
特にご主人の頸椎損傷による体の麻痺の癒しのため、私たちが御心を行なえるようお祈りください。

コメント