2016年3月

2016-03-28 | 教会レポート
ハレルヤ、主の御名をほめたたえます。
おとりなしのお祈りとご献金を心から感謝いたします。

遣わされたアメリカチームの帰国直後、
アメリカ100の教会設立に向けてウェブサイトを作るとの示しが与えられたことが語られました。
東京のミッションを中心に進められ、いよいよ100教会設立に向けて信仰の踏み出しがなされました。

ニューヨーク教会においてもインターネットを強めるようにと、
21世紀の宣教の神が与えられたツールを忠実に用いていけるよう、感謝と祈りを強めています。
オンライン会員のMさんが、毎日曜オンライン生中継配信の礼拝参加の後、コメントをくださっています。
また、ニューヨーク教会のホームページを見て、アイデアやコメントを送ってくださり、
インターネットの働きに貢献しておられます。

2月にマサチューセッツ州に住む叔母に電話で福音を伝え、救われましたが、
やっと先方の都合がついて、叔母に会いに行くことができました。
叔母は医学上では手遅れの癌で、自宅療養しています。
骨と皮になっていると聞いていましたが、実際、お会いすると、顔色もよく、驚くほどお元気そうでした。
福音と証の書いてある小冊子を郵便で送っていましたが、その本もよくわかったと言ってくれました。
最後に癒しの祈りをさせていただき、アメリカ人の旦那さんにも祈りがわかるよう妻に通訳してもらいました。
叔母は本当に平安そうで、よき交わりの時をもつことができ、安心して帰ることができました。
主に心から感謝しています。 

引き続きニューヨークでの働きのためお祈りください。  


(マサチューセッツに住む、療養中の叔母)
コメント