2013年6月

2013-06-18 | 教会レポート


6月から新しい礼拝場所へ移動しました。
長年お借りしていた韓国長老教会の礼拝場所が閉じられる中、
同じビル3階にある韓国系のインマヌエル教会の牧師さんから
世界宣教のヴィジョンのため共に祈り、協力関係を求めて来られ、
同時に礼拝場所も提供してくださいました。
「ためらわずにその人たちといっしょに行くように」(使徒11章)の御言葉の促しがありましたが、
それがインマヌエル教会への導きであることを確認し、
6月の第一日曜からすべて設備の整った場所で礼拝を持つことができました。
また、礼拝により深い御臨在を感じ、あらためて主が働きを導いてくださっていることを確認しています。

また、新しい場所での3回目の日曜礼拝には、Times Square 教会に通う日本人の若い女性が参加されました。
日本にいるノンクリスチャンのご友人で、イエス様のことを求めているが、
どの教会がよいか探している中、私たちの本部教会である東京アンテオケ教会のことを聞きに来られました。

その姉妹は、この1週間前に聖霊のバプテスマを受け、神様と生きていく意味がわかり、
愛されていることを実感され、100%神様に従ってゆきたいと語っておられました。

「教会にまだ来ていないが、神の陣営として人々がすでに備えられている」という預言がありましたが、
実際、主に聞き従うことを求める方と出会ったことに感動しました
(その姉妹は他教会の方なので私たちの教会に導かれているかは別としても)。
そして、共にご友人のために祈りました。
その日曜の晩に、東京アンテオケ教会を紹介したと早速メールがありました。


コメント