2019年2月

2019-02-25 | 教会レポート


ハレルヤ、主の御名をほめたたえます。
とりなしのお祈りとご献金を心から感謝いたします。

2月の後半から、夫婦で、白馬キャンプ参加を兼ねて
日本一時帰国中にあって、この原稿を書いています。

白馬クリスチャン・フィルム・フェスティバルにCM映像を応募することができました。
残念ながらノミネート作品には選ばれませんでしたが、
東京アンテオケ教会の礼拝で、預言を通して、
一部でもアイデアが与えられたら、そこから映像の働きを進めていくとき、
さらに働きが進んでいく、というような内容が語られ、励まされました。

その礼拝の後、NYの他教会の方の、
東京在住の妹さんご夫妻も訪問させていただきました。
これで3回目の訪問となります。
寝たきりのご主人のおられる部屋には、「風のひびき5集」のCDが流れていました。
癒しの祈りをさせていただき、ご本人、喜んで祈りを受けられました。
奥様も信仰が強められており、
医者からは治らないと言われていても、癒しを信じていると語っておられました。
よい方向に進んでいるようで、主に感謝しました。
続けて執り成しの祈りをしてゆきます。

また、最後になりましたが、
パウロ秋元牧師の宣教師ビザ更新が1か月で取れました。
これまで6か月かかっていましたので、本当に驚き、主をほめたたえました。
移民局からの通知日が2月5日とあり、26聖人殉教記念日と同じ日です。
世界宣教の働きがさらに進んでいくことを覚えさせられました。

これから白馬キャンプに参加しますが、
恵み・祝福を受け、アメリカに持ち帰りたいと期待しています。
さらに宣教の信仰による準備と歩みを進めてゆきたいと思います。
お祈りをよろしくお願いします。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年1月 | トップ | 2019年3月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教会レポート」カテゴリの最新記事