ニューヨーク “花嫁”日記

初めての海外生活について綴っていきます

初春陽気

2012-01-31 | 日記
今日は 初春が来たような
暖かい日となった

心も身体も のびのびする

今日は 散歩をしながら
聖書の 箇所

“愛は、寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、
怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばすに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、
すべてを耐え忍びます。”


この御言葉を 思い出し
これらすべてを兼ね備えた神様が
ず~っと 共にいて
私を導いてくださっていたことを思った

あ~あの時 忍耐してくださっていたんだとか。。

そのことを覚えただけで
心が いやされた

ということで
心も 温かくなって
帰宅できました

コメント

備え

2012-01-30 | 日記
主人の職場に
エンジニアの デーヴという 別の会社の人が来た

日本に仕事で よく行くようで
こんな話しを してくれたそうだ

東日本大震災の直前まで
福島の会津若松に 出張で来ていた

そして地震が起こった 40分前に
飛行機で 日本を発った

神戸の大震災のときも 
神戸にいて
高速で 車を運転していたが 
守られた

すごいです

困難に備えて
目を覚まして 祈れますように



コメント

体調不良

2012-01-28 | 日記
精力的に 過ごした 
この2,3日後 

頭痛がして
体調が すぐれない

風邪をひいたのかもと
主人に 祈ってもらったが

その後 こう言われた

主人:「風邪じゃないよ」

私:「じゃー何なの?」

主人:「ボ・ケ」

私:「ボケー!?」

主人:「天然ボ・ケ!」

もういい
こんな時こそ 神さまが 
心配してくださってるから
喜ぶんだった~

熱いシャワーを 浴びたら
頭痛が とれてきた。。

ほら~ ボケじゃなかった




コメント

リス

2012-01-27 | 日記
ハドソン公園で
リスが 子供にえさを あげているのを
目撃してしまった!

リスは 主人から
“君(私)の友達”と 言われてます

この かわいいリスが
知人の家の 屋根裏に 住みつき
ガリガリ やっていた

家をだめにするので
出て行くようにと
この3週間くらい 一緒にお祈りしていた

そこに 大家さんが 
リスの 生け捕り器を
持って来てくれて

2日位前 最後の 6匹目が
捕獲され 遠くに逃がしてきたそうだ

無事 追い出すことができ 
感謝します
“友達”が 殺されなくてよかった

(写真は、リスが穴の中に頭をつっこんで餌をあげたあと、
子供らしきリスが穴から顔をのぞかせている様子です。)

コメント

掲示板

2012-01-26 | 日記
アパートの 洗濯ルームに
掲示板が あるが

ニュージャージーの新聞記事の
切抜きが 貼ってあった

それは
これまで以上に 慈善団体が
無償で 提供する食事の数が 
増えて 大変になっているという内容

最低賃金で 働く
多くの人々が
家賃を 支払うか?
食費に まわすか? と
選択に 迫られている人たちの数が
増えているそうだ

アパートに こんな記事が
貼りだされたのは 初めてで
それだけ 身近な問題として
とらえてるんだ~と
厳しい現状を 知った

“・・何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、
などと言って心配するのはやめなさい。・・
 しかし、あなたがたの天の父は、
それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。
 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。”
 (聖書)

天のお父様 よろしくお願いします



コメント