木のしごと、木のあそび。木楽な日々。

大工さんの作業場は宝の山。
あまり材や解体で出た木はゴミじゃない。
なに作ろ? なにに変わる?そんな趣味のはなし。

つろーて子育て 中学生のペンキ塗りボランティア

2018年08月05日 | 木工房「つちのこ」
ごみステーションのペンキ塗り

今回も多くの中学生が参加
3ヵ所に分かれて作業です。



さび落としからの



塗装

暑い中、頑張ってくれました。

テ、ふく、かみのけ
今回もあちこち青く塗料が付きまくりです。
お家に帰って怒られたのやら
ほめられたのやら。

今回は保護者の方の参加もあり
子供たちの頑張ってる姿も見てもらいました。
一緒に青くなってた保護者さんもいて
大変さも楽しさも感じてもらえたかな。

次につながっていくでしょう。
活動が広がっていくとうれしいです。

他の作業現場も拝見し1つ発見。

男の子と、女の子のサボり方が違う。

ちょっとおもしろかった。(どう違うかはここでは言いません)

つろーて?地域イベント?趣味あそび?ピザ窯をつくる。

2018年08月04日 | つろーて子育て応援


つろーて子育ての活動を通じ
野外でのイベントや体験をしていくうち
楽しくなってきたアウトドア。

二年前に遊びで作ったピザ窯のドーム部は
何度かの活躍と移動で
真っ二つになり使用不能。



活躍時がこれ。今は形なく。
どーすっかな?
もーいいかな と思っていたが、

来月、イベントがあるげな
会場には、ピザ窯が据えてあるげな。

ん~。ライバル心 メラメラ
対抗心 ムクムク。

勝ち負けなんてないのだが
まあ、いい切っ掛けと思い制作スタート。

移動ピザ窯、どこでもピザ窯をメインテーマに
組むとこから楽しんでもらえるように、

煉瓦を切って切って、またっ切って。

組んで、重ねて、



ドームが一列。

全身ホコリで真っ白、腕プルプル。

暑い、しんどい、飽きた。と叫びつつ

もう一列。

焚口を仮組してこんなもんでどうでしょう。


あとはピザが焼けるかどうか

活躍できるかどうかこうご期待。

覗き込んだ差しには真夏の青空が

写ってはいなかった。