木のしごと、木のあそび。木楽な日々。

大工さんの作業場は宝の山。
あまり材や解体で出た木はゴミじゃない。
なに作ろ? なにに変わる?そんな趣味のはなし。

再始動。まずは鉛筆立てから。

2013年06月28日 | 木工房「つちのこ」
趣味の工房
週末の工房
雨の日の工房

木工房「つちのこ」

バタバタの日々が続いてて
ほこりかぶってた工房部屋を
すこしだけかたずけて

そろそろ
こづかい稼ぎのため
再始動、在庫の確保。

まずは手始めに

「鉛筆立て」から

仕事で出た廃材、あまり材を
8mm角で製材

あっち向きこっち向きで
くっつけていけば
はい。出来上がり。



右側が今回作成したもの
左側が半年前のもの

色の違いが分かるかな

アクセントに入れたのは桑の木

右では黄色なのだが
日を追うごとに
左のように
茶色が濃くなっていきます。

これも木の小物の楽しみの一つ

おひとついかが?

そのうちどこかで静かに販売します。

お楽しみに。