木のしごと、木のあそび。木楽な日々。

大工さんの作業場は宝の山。
あまり材や解体で出た木はゴミじゃない。
なに作ろ? なにに変わる?そんな趣味のはなし。

立方体の切り絵を作り続けてます

2020年10月17日 | 木工房「つちのこ」
地区のイルミネーションイベントに
こっそり自分のブースを作る。

その目標に向け

朝に晩に ちまちま 
切り絵の灯ろう作り。

6センチ角の立方体を
いっぱい並べよう。

と、イメージを固め
まずは、立方体作り。

線を引き、目盛りに点を打ち
直角を出し、のりしろを取り・・・

めんどくさい。

えーい。CADだ。

で、印刷。早い。ラクチン。きれい。

ひとつ解決。

次は絵だ。

何を描こう。うーむ。

落書きを繰り返すも、
いいものが描けない。

他から絵をもらってうつす?

なんか違う気がする。どうしよう。

切りたいのに切れない。
切るまでの工程で詰まる。

どないしようで
顔を上げると、ピーン。これだ。

かき描き。切りきり。



ちまちま。切りきり。
肩がこりこり。
足がびりびり。


ジグソーパズル絵の灯ろうの出来上がり。

よし、これなら絵に悩まないぞ。
とりあえず、このシリーズでいこう。

で、あさ3時に起きては、チマチマ

晩のビールを一本減らして、切りきり。

楽しんで頑張ってます。

ほんとに切ってるの?との問いにお答え。

スケルトンです。
この記事についてブログを書く
« イルミネーションと切り絵の... | トップ | 〼をひとつ増やすと。切り絵... »
最新の画像もっと見る

木工房「つちのこ」」カテゴリの最新記事