早起き鳥 

【未明混沌】今日も必ずお元気で…!

朝鮮半島の意義

2018年01月12日 04時27分16秒 | 読書





 イギリスのシー・パワーとしての

戦略のみごとさに比べて、

日本の戦略はどうであったろうか?

それはひと言で言ってしまえば、

決して誉められたものではない。


特に、明治維新の第一世代が引退した後は、

シナ大陸に過剰に介入し、

シー・パワーとしての限界を超えてしまったからである。

日本の長い歴史を見ると、

日本列島に国家のようなものができてから

だいたい3000年が経過している。

このうちのほとんど、19世紀半ばまでは、

日本にとってのいちばんの脅威は

シナ大陸の帝国であった。

シナ大陸にある強大な帝国に対して

どうやって対処したらいいかが、

日本の対外政策の最大の課題だった。


明治維新を達成した日本に、

朝鮮半島を通じて大陸の脅威が迫ってくることになった。

朝鮮半島を清国(満州人王朝)に支配されたら、

日本の独立は覚束ない。

それで挑戦の独立と支配をめぐって、

西郷隆盛(1827〜1877)

の征韓論から日清戦争にいたる国際紛争が起こった。

朝鮮半島を清国1国に支配させないという、

当時の日本の戦略的意思は明確だったし、

それはシー・パワーとして当然とべき戦略だった。



   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 朝鮮半島の地政学的意義と

日本の取ってきた戦略はその時代時代において

それはそれは難しい選択を余儀なくされ、

いつの世も日本は苦しんできた

現代においてもその状況は変わらず

朝鮮半島からの脅威が依然として存在している


とはいえ、盟友、日米韓の協力関係から

保たれていたバランスが

今の韓国の立ち位置は明らかに北に向いている

そうなれば北との最前戦位置が

対馬海峡ということになる

そこまでのことは飛躍しすぎるのかもしれないが

竹島問題に尖閣諸島問題と

シー・パワー日本のとるべき今後の方策は

今のままで良いはずはない


北朝鮮の戦略意義は言うまでもなく

金王朝の存続であるはず

そうなら、むやみやたら、

日本本土にミサイルを落とす

などということは考えにくいが

威嚇目的のミサイルが人為的ミスで

日本本土に落下する危険性が怖い

そんなことをイメージするとそら恐ろしい・・・



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井藩士橋本左内の予言 | トップ | ビジネスと軍事・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事