司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

登記制度・土地所有権の在り方等に関する研究会(第5回)

2018-04-26 18:02:08 | 不動産登記法その他
登記制度・土地所有権の在り方等に関する研究会
http://www.kinzai.or.jp/specialty/registration.html

 第5回(平成30年3月27日開催)の会議資料が公表されている。

「相隣関係の在り方」「登記手続の簡略化」をテーマに検討されたようである。
コメント

口座開設,ネットで完結へ

2018-04-26 09:53:08 | いろいろ
日経記事(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29824470V20C18A4EE9000/

「警察庁は関係省庁での具体的な調整を経て、犯罪収益移転防止法(犯収法)の施行規則を改正して規制を緩める方針だ」(上掲記事)

 諸々の手続に波及しそうである。
コメント

裁判手続等のIT化検討会の議事要旨

2018-04-26 09:48:00 | 民事訴訟等
裁判手続等のIT化検討会
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/saiban/index.html

 第4回及び第5回会議の議事要旨が公表されている。

「民事訴訟の手続段階ごとに見たIT化の視点― 訴状の提出から第1回口頭弁論期日まで ―」「民事訴訟の手続段階ごとに見たIT化の視点― 第1回口頭弁論期日の指定から争点整理手続まで ―」である。
コメント

民法改正法案(成年年齢の引下げ),国会で審議入り

2018-04-25 10:45:02 | 民法改正
日経記事(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29756680U8A420C1EAF000/

 昨日(24日)から審議入り。

 さて,次は,相続法改正法案であるが・・。
コメント

中国でマルチ商法&ねずみ講が流行~「伝銷(チョワンシアオ)」

2018-04-25 10:26:38 | 消費者問題
朝日新聞記事
https://digital.asahi.com/articles/ASL447R0KL44UHBI03F.html?iref=comtop_fbox_d1_01

 中国で「伝銷(チョワンシアオ)」と呼ばれるマルチ商法&ねずみ講が流行し,社会問題化しているそうだ。「伝銷」の組織は,集団生活でメンバーを洗脳し,金を吸い上げるのだという。

 いずこも同じ。
コメント

株券が発行されていない株式(振替株式を除く。)に対する強制執行の手続中に債務者が破産手続開始の決定を受けた場合

2018-04-24 18:56:08 | 民事訴訟等
最高裁平成30年4月18日第2小法廷決定
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87689

【判示事項】
株券が発行されていない株式(振替株式を除く。)に対する強制執行の手続において配当表記載の債権者の配当額に相当する金銭が供託され,その供託金の支払委託がされるまでに債務者が破産手続開始の決定を受けた場合には,当該強制執行の手続につき,破産法42条2項本文の適用がある

「株券が発行されていない株式に対する強制執行の手続においては,執行裁判所は,当該株式につき売却命令による売却がされた場合,配当等を実施しなければならないとされている(民事執行法167条1項,166条1項2号)。そして,配当表記載の債権者の配当額について配当異議の訴えが提起されたために上記配当額に相当する金銭の供託がされた場合において,その供託の事由が消滅したときは,裁判所書記官が供託金について配当等の実施としての支払委託を行うことが予定されているのであって(民事執行法167条1項,166条2項,91条1項7号,92条1項,民事執行規則145条,61条,供託規則30条1項),上記供託金は,上記支払委託がされるまでは,配当等を受けるべき債権者に帰属していないということができる。そうすると,この場合における上記強制執行の手続は,売却命令により執行官が売得金の交付を受けた時にはもとより,その後も上記支払委託がされるまでは終了しておらず,それまでの間に債務者が破産手続開始の決定を受けたときは,破産法42条2項本文の適用があるものと解することができる。」


破産法
 (他の手続の失効等)
第42条 破産手続開始の決定があった場合には、破産財団に属する財産に対する強制執行、仮差押え、仮処分、一般の先取特権の実行、企業担保権の実行又は外国租税滞納処分で、破産債権若しくは財団債権に基づくもの又は破産債権若しくは財団債権を被担保債権とするものは、することができない。
2 前項に規定する場合には、同項に規定する強制執行、仮差押え、仮処分、一般の先取特権の実行及び企業担保権の実行の手続並びに外国租税滞納処分で、破産財団に属する財産に対して既にされているものは、破産財団に対してはその効力を失う。ただし、同項に規定する強制執行又は一般の先取特権の実行(以下この条において「強制執行又は先取特権の実行」という。)の手続については、破産管財人において破産財団のためにその手続を続行することを妨げない。
3 前項ただし書の規定により続行された強制執行又は先取特権の実行の手続については、民事執行法第六十三条及び第百二十九条(これらの規定を同法その他強制執行の手続に関する法令において準用する場合を含む。)の規定は、適用しない。
4 第二項ただし書の規定により続行された強制執行又は先取特権の実行の手続に関する破産者に対する費用請求権は、財団債権とする。
5 第二項ただし書の規定により続行された強制執行又は先取特権の実行に対する第三者異議の訴えについては、破産管財人を被告とする。
6 破産手続開始の決定があったときは、破産債権又は財団債権に基づく財産開示手続(民事執行法第百九十六条に規定する財産開示手続をいう。以下この項並びに第二百四十九条第一項及び第二項において同じ。)の申立てはすることができず、破産債権又は財団債権に基づく財産開示手続はその効力を失う。
コメント

埼玉消費者被害をなくす会が,3番目の「特定適格消費者団体」として認定

2018-04-24 18:29:57 | 消費者問題
全国の特定適格消費者団体一覧
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/collective_litigation_system/about_qualified_consumer_organization/list_of_specified/

 特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が,3番目の「特定適格消費者団体」として認定された。

 特定適格消費者団体の認定を受けることによって,「消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律」(消費者裁判手続特例法)の規定による被害回復裁判手続を追行することが可能となる。

cf. 消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/collective_litigation_system/about_system/act_on_special_measures/
コメント

規制改革推進会議「行政手続コスト削減に向けて」(商業登記)

2018-04-24 18:15:41 | 会社法(改正商法等)
第30回規制改革推進会議
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20180424/agenda.html

 第30回会議(平成30年4月24日開催)の会議資料が公表されている。

「行政手続コスト削減に向けて」等について検討されているようである。

 重点分野とされた「商業登記」については,資料3-2(20頁)に次のとおりの記載がある。

「近日中に取りまとめられる予定の上記検討会(※)の取りまとめにのっとって基本計画を改定する(平成30年4月中)」
※ 法人設立手続オンライン・ワンストップ化検討会

 4月中・・。
コメント

認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン(案)

2018-04-24 10:07:15 | 家事事件(成年後見等)
認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン(案)に関する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180007&Mode=0

 意見募集は,平成30年5月21日(月)まで。
コメント

高齢者をカモにする,居住マンション「リースバック詐欺」の手口

2018-04-24 08:12:04 | 消費者問題
まぐまぐニュース
http://www.mag2.com/p/news/357380?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0424

 高齢者の将来の不安を煽り,その居住しているマンションをリースバック(売買で所有権は移転するが,そのまま売主が賃借して居住する。)するとの甘言で,実は,不当に安く売買させるケースが増えているという話。

 適正な価格での売買であれば,必ずしも悪い話ではないのであるが・・。
コメント