司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

「破産管財手続の運用と書式」

2004-12-27 17:00:00 | いろいろ
大阪地方裁判所・大阪弁護士会新破産法検討プロジェクトチーム編「破産管財手続の運用と書式」(新日本法規)

 改正破産法(平成17年1月1日施行)に対応して、管財手続の運用も大幅に見直しがなされる。今回の改正に伴い、京阪神の3地裁は足並みを揃える(細部においてはもちろん異なる点もある。)とのことであり、関西の弁護士、司法書士にとっては必携の書といえよう。CD付。

 小規模管財事件に関する大阪方式(弁護士が申立代理人となっていれば予納金は最低20万円で済むが、そうでなければ司法書士が関与していても最低50万円は必要。)が拡大するのは好ましからざる傾向であるが・・・。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「株式会社・有限会社法」(... | トップ | 登記原因証明情報及び本人確... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事