司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

犯収法上,戸籍の附票の写しが単独で本人確認書類に該当する

2022-10-31 19:27:43 | いろいろ
戸籍の附票の写しが単独で本人確認書類に該当することについての周知について by 警察庁
https://www.npa.go.jp/laws/notification/keiji/sosikihanzaitaisakukikaku/20221020sotaiki.pdf

 犯収法第7条第1項第1号ホに規定する本人確認書類として,「戸籍の附票の写しが単独で該当する」ということである。
コメント (1)    この記事についてブログを書く
« 京都市,「マンションの高さ... | トップ | 消費者契約法改正で,「霊感... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-11-01 15:08:33
司法書士的にはこれのみで本人確認とすることは疑問ですね。

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事