司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

擬制自白により認定された調書判決書が「他に相続人がいないことを証する書面」と言えるか(その後)

2016-03-02 20:11:44 | 不動産登記法その他
奈良地裁平成27年12月15日判決
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85600

 みうらさん情報によると,上記奈良地裁判決に対して,国は,控訴していないらしい。

cf. 平成28年2月3日付け「擬制自白により認定された調書判決書が「他に相続人がいないことを証する書面」と言えるか」

 とすると,奈良地裁判決の主旨を尊重した形に,登記実務の取扱いが変わるということになろう。

 ん~,単純にOKというのも難しい感。どうする?
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ひとりでも遺産分割」騒動... | トップ | ビンラーディン氏の遺産は3... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産登記法その他」カテゴリの最新記事