司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

法制審議会民法・不動産登記法部会第8回会議

2019-10-10 23:55:07 | 民法改正
法制審議会民法・不動産登記法部会第8回会議(令和元年10月8日開催)
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900404.html

 第8回会議の部会資料等が公表されている。

「財産管理制度の見直し(相続財産管理制度等)」「遺言に関する見直し」「不動産登記制度の見直し(4)」について議論されたようである。


「財産管理制度の見直し」としては,特定の財産を目的として,「清算を前提としない新たな相続財産管理を申し立てることができる」ことが企図されており,また「第3 法定相続人が相続放棄をした場合における放棄者の義務」が議論されている。


 そして,

「遺言を活用して相続登記を促進する観点から,遺言の撤回の方式等を見直し,公正証書遺言や法務局で保管している遺言が最後にされた遺言であること等を明確にした上で,その遺言を活用して土地の所有者をより速やかに登記に反映させる方策として,どのようなことが考えられるか。」

 え~! 何と大胆な!


「不動産登記制度の見直し(4)」においては,

「第1 相続の発生を登記に反映させるための仕組み」
「第2 登記名義人の氏名又は名称及び住所の情報の更新を図るための仕組み」
「第3 外国に住所を有する登記名義人の所在を把握するための方策」

と次第に先鋭化している感である。

 基本的には,賛成である。

 第3においては,「外国に住所を有する登記名義人については,その所在の把握をしやすくする観点から,連絡先の登記を法律上義務付けることも考えられる。」とあるが,

 外国に住所を有する登記名義人の所在を把握するための方策について,連絡先を登記事項とする場合には,登記名義人と当該連絡先との委任関係が解消された場合の対応について検討すべきである。

 理由としては,会社法において,外国会社が日本における代表者を定めたときは,外国会社の登記をしなければならないものとされている(同法第933条第1項柱書)ところ,当該代表者が辞任した場合であっても,当該外国会社が変更の登記を申請しないことにより,当該代表者の登記が放置される事態となり,民事訴訟によっても解決が困難であるという問題が生じているからである。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「会社法コンメンタール 補巻」 | トップ | 公証制度揺らぐ信頼? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民法改正」カテゴリの最新記事