司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

不活動宗教法人の解消問題

2015-07-03 16:19:01 | 法人制度
朝日新聞記事
http://digital.asahi.com/articles/ASH725FYDH72PTFC01B.html

 よくまとまっている。御一読を。

 宗教法人については,通常は,代表役員に変更がなければ,変更の登記を申請する必要がないが,「例えば10年に1回程度,確認のための登記を義務づける宗教法人法の改正も一つの方法」であるかもしれない。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 株式会社の監査役の監査の範... | トップ | 条件付委任状の可否~「平成... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2015-07-08 01:39:38
宗教法人のチェック機関は法務局ではなく都道府県知事や文部科学大臣(所轄庁)だと思います。

宗教法人法第25条第4項
宗教法人は、毎会計年度終了後四月以内に、第二項の規定により当該宗教法人の事務所に備えられた同項第二号から第四号まで及び第六号に掲げる書類の写しを所轄庁に提出しなければならない。

コメントを投稿

法人制度」カテゴリの最新記事