司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

タワマンの廃墟化2020年問題?

2019-08-19 09:47:14 | 不動産登記法その他
現代ビジネス
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56992?fbclid=IwAR1bpBqnzHRVt3e6J1CQOg8yFuX9yhtSHGOFjhBwNMyTP1f8AOmzXEMdKWI

 廃墟化は,やや大袈裟にしても,何百人もの関係者がいる大規模マンションでは,大規模修繕その他の重要な管理運営に関して合意をしながら進めることは,相当に困難であろう。

 デベロッパーが大規模修繕費を低く見積もりをして(後年,当然に積立金の増額が必要となる。),「売らんかな」の姿勢であることは,ときに聞く話であるが,問題を複雑にしている。
コメント   この記事についてブログを書く
« 山村部の土地の境界を決めや... | トップ | 公証人あるある? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産登記法その他」カテゴリの最新記事