司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

更新料「高額に過ぎる」として一部無効

2012-03-01 00:00:01 | 消費者問題
京都新聞記事
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120229000128

 昨年の最高裁判決は,高額に過ぎない限り有効(=高額に過ぎれば無効),であったが,今般の京都地裁判決は,正に「高額に過ぎる」として,超過部分を無効と判示したものである。

 京都の学生マンションは,このパターン(1年契約で,更新料3か月分)が結構多かったので,この判決の意義は大きい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 漢検元理事長ら,背任罪で実... | トップ | 「企業内容等の開示に関する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

消費者問題」カテゴリの最新記事