司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

「相続放棄者の相続財産管理義務と消滅時効」

2019-11-07 18:16:25 | 民法改正
松本克美立命館大学教授「相続放棄者の相続財産管理義務と消滅時効」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/16-56/027matsumoto.pdf

 想定事例である「物上保証人の地位を相続した相続人から被担保債権の債務者である会社への求償事件で,当該会社の代表取締役で相続放棄をした相続人の相続財産管理義務と当該会社の消滅時効の援用の是非」に関する論考である。


 被告は,「被相続人の死亡から半年後に物上保証人であった被相続人の有する本件不動産に対する競売がなされ,その配当金により主債務の消滅の利益を得ておきながら,自らを含む法定相続人全員の相続放棄によりたまたま相続人となったXには,この事実を何も告げず,原告が求償権成立の認識を持つ機会をもつことのないまま年月が経過するのに任せておいた」のであり,相続の放棄をした者としての管理継続義務(民法第940条第1項)と報告義務(同条第2項)を負っていながら,これを怠った。

 したがって,「消滅時効期間が経過していても,被告による時効の援用が信義に反し,権利の濫用として許されない場合には,時効の援用は認められない(確立した判例)」。

 という論である。


 なるほどね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 後見人等による意思決定支援... | トップ | 法務大臣閣議後記者会見の概... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民法改正」カテゴリの最新記事